« オホーツクセンチュリーラン 網走 | トップページ | 飯田-木曽-飛騨 »

2008/09/29

網走 センチュリーラン(前の日 のちょっとしたサイクリング)

Imgp2661

羽田から女満別へ。
今回はJL株主優待券を使いましたが特に変更する可能性も無かったのでノースウエストのプログラムのマイーレージでJLを利用したほうが経済的ではありました

網走駅までは定期バスで東横インへ

Imgp2662

東横インに預けてあった自転車を組み立てて、
天満山にある道立北方民族博物館へ。
アイヌを始め、北方民族の生活と文化が紹介されています。

Imgp2664

楽器類。五弦琴(アイヌ)、シャーマン用の太鼓(サミ)など。

見学者はまばらで、係員のほうが多い(*´v゚*)ゞ

Imgp2666

衣類。うまく写っていませんが、右がアツシ(アイヌ)
昔、二風谷でアツシをおばさんから買ったのですが
その後、外国の友人にあげてしまったのです。
家では毎日着ていて気に入ってたのですが・・・
またほしいな。

Imgp2673

天満山から市内へ移動。アヨロ貝塚へ。
貝塚そのものは見学者が見てもよくわかりませんが
網走在住のギリヤーク族が作った土の家が傍らにあるのが
目を引きます

Imgp2676

土の家の中は半地下構造になっています
結構、暖かいかも・・

Imgp2680

貝塚から発見された人骨(模造かと)。
足を折り曲げて埋葬したらしい

アロヨ貝塚の展示は貝塚発掘を再現したシンプルなものでした。

Imgp2684

網走からの能取岬へ向かいます。
写真の海の向こうの山は知床です。

能取岬へは海沿いの快適な道です。
途中、カニを食べられる店。というのがいくつかありますが
やっているところはありませんでした。

Imgp2687

途中、自転車の脇を通りすぎると声をかけられました。
女性で、1人でさっぽろから来たとのこと。
ペダルが回らないとのことです
私もメカに自信はありませんが
チェーンが一番内側にはまって周らないのだ、ということはわかりました。
とりあえずその状態はすぐ解決できました。
見ると、一番内側の歯が欠けています。
ですので一番重いギアに入れないで走るしかないですね

Imgp2685

林を抜けると能取岬への緩やかな下り。
オホーツク海の美と雄大さを全身に感じます

観光客はまばらでした。
吹きさらしの草原に燈台。
流氷の季節に来てみたいものです

しばらく岬のあたりでまったりとしたのち、
網走市内へ戻りまして、
センチュリーランを走る会のかたがたと居酒屋で乾杯しました。
みなさん、あちこちの大会に出ていて
とっても刺激になりました!

« オホーツクセンチュリーラン 網走 | トップページ | 飯田-木曽-飛騨 »

北海道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80685/42637291

この記事へのトラックバック一覧です: 網走 センチュリーラン(前の日 のちょっとしたサイクリング):

« オホーツクセンチュリーラン 網走 | トップページ | 飯田-木曽-飛騨 »