« 秋葉みち(長野側のみ)2007/10/20-21 | トップページ | 坤六峠、奥鬼怒林道6/6 秘湯を目指して »

2009/06/05

秋の八幡平

秋の八幡平サイクリング、今回はちょっと詳しく紹介します

Imgp1117

西根町(現在 八幡平市)からの岩手山は優美です。

もうすぐ借入れ、じゃなかった刈り入れが始まります。

天気もいいですねーー

Imgp1119

馬牧場と岩手山。

町から焼走までの道に入るとやがて集落がなくなり、

牧場が点在するのみです。

Imgp1130

だだっぴろい牧草地を横目に見ながら、

岩手山中腹の「焼走り」(やけはしり)まで

7KMほどなだらかな坂を登ります。

Imgp1131 交通量が少なくて快適です。

まあ、酪農家か、

行き止まりになる焼走に行く人しか通らないので・・・

Imgp1121 焼走り熔岩流到着。

岩手山の噴火によって吹き出した熔岩が、山肌を流れ冷えて固まってできたそうです。

Imgp1123 保水力のない10Mほどの岩盤にマツが生える。

すごい生命力をひしひしと感じます。

ここには成り立ちを説明してくれる職員?もいます。

Imgp1122 扇状の黒い岩石帯は、長さ約3km、最大幅約1km。

周囲が緑あふれるだけにその荒涼ぶりが際立ちます。

ここから一旦松尾村方面へ降りる

Imgp1138

松尾の簡易郵便局 

来年、あるかなあ。。。

旧松尾村の風景が大好きです

Imgp1136 八幡平温泉郷の橋からの紅葉は最高なのですが今回は早すぎましたー

紅葉の盛りには、

この橋で駐車する車であふれかえります

Imgp1139 松川温泉へ登る前に渓谷をみながらひとやすみ。

松川キャンプ場まで、10%程度の坂が4KMほど続きます

松川キャンプ場の温泉が実は穴場なんですが、教えません(うそ)

Imgp1147 キャンプ場から1-2KMで松川温泉到着。

今回は峡雲荘へ行きました。ここで標高860Mくらいです。

露天風呂に入りました。

Imgp1148 湯のにおいは以前より強烈でなくなった気がします。

去年の春に客室を大増築して、

秘湯と云えたのはもう過去かも・・・

Imgp1154
樹海ラインへ入ります

八幡平まで15KMくらいアップダウンを繰り返しながら登り基調です

Imgp1153 松川温泉からの岩手山。

場所によってその姿を変える岩手山。

私はやっぱり西根からの優しい姿が好きですね

Imgp1158 「太古の息吹」 

卵をゆでています。

10分くらいでちょうどいいとのこと

Imgp1166 八幡平から2KM手前の藤七温泉に到着

この日2度目の温泉です。

ふやけるかなー

Imgp1164 Imgp1168

混浴だが

ほとんど男性(女性もいたけど)。

夜、女性専用の時間もあるらしい。

Imgp1169 以前、ここのうどん、死ぬほどまずかったのですが、

いまはバイキングにするなど工夫しているようです。

入浴とバイキングで1800円。入浴のみは600円

Imgp1171

藤七温泉 ほぼ全景

(実は見えないところにまだ温泉があるのだ)

ここから少し上りまして、

Imgp1172

八幡平到着。

頂上まで行ったことがないので今回は行って見よう。

Imgp1173 Imgp1174
Imgp1177 頂上のあたりはこういった沼が多い。

めがね沼、鏡沼などいろいろあります。

紅葉の季節でハイキングする人が結構いました

Imgp1180 Imgp1183

Imgp1186 頂上を通り過ぎて八幡沼へ・・

高山植物の時期にまた来たいです・

Imgp1187 Imgp1191

Imgp1198 遊歩道がちゃんと整備されていて

歩くのも快適になっています

Imgp1193 黒谷地 湿原。

ここも夏はさぞかし美しいことだろう

このあたりまで登山道が整備されていて、

Imgp1203 松尾と八幡平を結ぶアスピーテラインに出ます。

ちょっと登り返しがあってあとはずっと下りです

Imgp1205 Imgp1208

Imgp1210

アスピーテライン。

この日は下ったけど、自転車ならアスピーテから登るほうが楽しいかもしれません。私はいつも来るのでどちらでもOKですがー

Imgp1211 中腹のレストハウス。

第3セクターで運営されているが売りに出されているという。

奥はユースホステル

Imgp1212 アスピーテラインは

スノーシェルターが7箇所ほどある

登るときはこのシェルターを越えれば中腹だーなどとがまんがまんしています

Imgp1213 Imgp1215
Imgp1216 松尾鉱山の団地。。。。

廃墟のまま放置されています

Imgp1217

松尾鉱山に住んでいた人たちが

毎日見ていた八幡平です。

Imgp1137 アスピーテラインの入り口に下りてきた。

あとは戻るだけです。

« 秋葉みち(長野側のみ)2007/10/20-21 | トップページ | 坤六峠、奥鬼怒林道6/6 秘湯を目指して »

岩手」カテゴリの記事

コメント

ユースホステルの記事をブログにアップしていただき、ありがとうございます。
ユースホステルの最新状況を紹介するブログを開設しておりますので、一度ご訪問いただき、リンクを貼っていただければ幸いです。

こんにちは。
コメントありがとうございます
YHは大人になってから?は泊まっていませんが、
こんど青森か道東のYHに泊まってみようと思います。
(酒が飲めないとちょっとしんどいですが・・・・・)
現在はリンクは自転車で一緒に走った人のみなのですが
様式を変えたときでも検討をさせていただきます

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80685/45240043

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の八幡平:

« 秋葉みち(長野側のみ)2007/10/20-21 | トップページ | 坤六峠、奥鬼怒林道6/6 秘湯を目指して »