« 大銀杏倒れる | トップページ | 三陸ツーリング 2010/03/20 気仙沼から釜石 »

2010/03/15

表丹沢林道~浅間山林道~日向薬師~七沢

Imgp5423

丹沢でもいいサイクリングができるはずということで、表丹沢林道ポタなるものを企画してみました。

小田急秦野駅朝8時45分。今回参加6名(初参加3名)全員集合。atsさんが一番乗り。自走の私が2番目。次に風邪を引いているという通常常任幹事Tさん。Tさんからはまたたびをいただきました。初参加の方は、ふだんは里山ライドをしているkoboriさん、エンペラーのろーどまんさん、松戸からのtoshiさん(HN同じですね)の3名です。集合場所にしていた「秦野駅北口階段の下あたり」がもう1箇所あって、toshiさんにはご迷惑をおかけしました。

私はふだんの生活で他人と接することが少ない上、オフの幹事は初めてで緊張しています。昨日も同じFサイクルで青梅での観梅オフがあって、輪行で行こうかなと思ったのですが、なんとなく翌日のことが気になって見送ったのでした。そして25000図でアプローチの下調べ(ソロで走っているときはほぼ勘頼りだったのがよくわかりました)はしていたので、そのまま走り出したのでした。

コースは小田急秦野駅-秦野戸川公園-龍神の泉-表丹沢林道-菩提峠-富士見山荘-ヤビツ-蓑毛-浅間山林道--大山参道付近-日向薬師-七沢温泉-伊勢原解散で50km弱だったそうです。(自分で企画しているのに距離がいい加減ですみませんが)

Imgp5421

秦野戸川公園からはダートになり、龍神の泉の手前から丹沢の威容が見え隠れするようになります。丹沢というと安っぽいイメージで見る人もいるかもしれませんが、分け入ればここはアルプス?というような雰囲気はあります。

Imgp5422

砂利道を上っていくと、小さな滝のような湧き水「龍神の泉」があります。沸騰したほうがよいと注意書きがありますが、「水おやじを防ぐためでは?」とT常任幹事の解説。「水オヤジ」とはポリタンクで水を多量に汲んでいくおじさんのことです(私は飲食店夫婦が多いような印象を持っていますが)。いずれにせよ水を補給できるのはありがたいですね。

*3/17冗談への補足  「水オヤジ」とは水場で勝手に水を汲んだにも関わらず、下痢などの問題が起きたときに役所などに文句を言う輩のこと。別名「クレーマー水おやじ」「モンスター水おやじ」(なお、男性とは限らない)用語に関する検証は特にしていません(笑)

まじめに補足しますと湧き水が飲用に適しているかどうかは不明ではあります*

水と言えばこの先の表丹沢林道は道路をちょろちょろ水の流れが横切る箇所が数多くあり、丹沢の豊かな森が水をたくさん蓄えていることがよくわかるのです。何しろ雨降山というくらい。

龍神の泉からさらにダートを登っていくと、右側にゲートが。表丹沢林道入り口です。表丹沢林道は丹沢山地の南側の山腹を切り開いて作られた比較的フラットな道で、左側は崖が迫り、右側は時おり秦野の町並みが大きく見えます。山腹をくねくね曲がるので、谷の向こう側に雪が残る山も見え隠れして、いい感じの道なのです。

Imgp5424

Imgp5425

舗装されていますが落石が多く、通常常任幹事Tさんが「石に気をつけましょう」と皆さんに声を掛けたところ、「プシュー」と派手なパンク音が。なんとそれはTさんのタイヤからでした。かなり派手なパンクでしたが、よい休憩時間になったとばかりに火器を取り出してコーヒーを沸かして皆さんに飲んでいただきました(ほぼそのためにだけ持ってきた)。

ところが再び走り出したとたんに強い疲労感が・・・・何かの怨念でしょうか?足が動かなくなり、遅れがちに。菩提峠への上りでは息も絶え絶えになって、意識がぼんやりしてきて、押しが入りました。自転車重いので押しているほうが疲れますが、しかたありません。

菩提峠途中からは振り返ると箱根がきれいなはずですが、振り返る余裕がなく、以降は写真も撮らず、やっとこすっとこ、峠へ。皆さんをお待たせしてしまいました。富士見山荘へはすぐですが、山荘はやってなくて、そのままヤビツ峠へ。ここでみんなで昼食タイムです。ヤビツ峠はたくさんのおそろいユニのロード練メンバーがかしましかったです。山小屋オヤジさん、以前よりちょっとやせたかな?私は腹が減ったので、チョコレートやお菓子をオヤジさんから買い込んで、麓で買っておいたパンなどと一緒に食べました。

では気をつけて降りましょうといったものの、自分が眠くなって途中の菜の花台展望台で5分ほどうとうと眠りました。「幹事さん、行こうよ」と言われて、はっと目が覚めると、どうも身体が覚醒した感じです。回復したようです。

蓑毛までだだーっと降りて、浅間山林道に入ります。ここもなかなかいい細道です。丹沢山地の南側を走っているので時間的にも陽射しが暖かく、こちらも表丹沢林道同様、ゲートで車両規制されていて車の心配がほぼありません。山中にある大山寺参詣は今回は却下となり、そのまま大山ケーブル下の茶店横の駐車場に出て、浅間山林道(林道の名前は通称だったり他の名称もあるようですが便宜上総称してそのように呼ばせてもらいました)は終了。

さらに標高を下げてから日向薬師に向かい登り返し。薬師で参拝。薬師だし。。。ということで目のお守りを買いました。そして一下りした七沢温泉で温泉(七沢荘)に入り、伊勢原駅方面へ。

七沢から伊勢原駅へのルートはもうちょっと工夫すればよかったなという反省点はありましたが、伊勢原運動公園に車をデポしているkoboriさんとろーどまんさんとは「分かれ道」でさようならをして、4人で伊勢原駅へ向かいました。toshiさんは先に帰りましたが、常任幹事Tさんとatsさんとで反省会をしてから輪行で帰りました。

いつもソロだと適当に走っているのですが、きょうは(当然ですが)走る前にコースを決めて、補給やトイレ、昼食ポイントなど考えてから走らないといけない。見晴らしポイントとか案内したりしなきゃなど考えて準備してましたがほとんど忘れちゃったなど、ふだん他人に気を使う場面も心構えさえもない私には慣れないことの連続で、帰宅するといびきをかいて寝ていたそうです。でもとても勉強になりました。

ということで幹事としては不行き届きな点が数多くありましたが、全体としてはなかなか良いサイクリングだったのではないかな?とにかく、つきあっていただいたみなさま、ありがとうございました。これに懲りずに、またご一緒できればうれしいです。

« 大銀杏倒れる | トップページ | 三陸ツーリング 2010/03/20 気仙沼から釜石 »

近場ポタまたは練習のような県内ラン」カテゴリの記事

コメント

幹事、お疲れ様でした。

丹沢というと、ロードのイメージが強く、ツーリング的には
どうかなと思っていたのですが、どうしてどうして、河童橋
からみる北アあり、プチ小熊黒沢林道ありの素晴らしい
コースでした。
そうそう、尖った落石の多い荒れた舗装路は、今度の
南アの山伏峠の感じそのものです。

こんな近場に、こんなにもお得感100%のいいコースが
あるなんて驚きでした。
またこんなコース紹介してください。一緒に走りましょう。

atsさん、オフでは種々フォローありがとうございました。おかげさまで、オフになって良かったです。

<そうそう、尖った落石の多い荒れた舗装路は、今度の
南アの山伏峠の感じそのものです

そうですか。パンク修理の実地演習、しっかり見ておくべきだったかも・・・(今度は自分が・・・)


<またこんなコース紹介してください
はい、近在にもいくつかそれらしい道があるのですが、コース取りも工夫してみたいと思います。
あと、無名とはいえませんが、犬越路未踏破なので行ってみたいなと思います。またよろしくどうぞです。

としさん、当日はお世話になりました。
丹沢って言うとやっぱりヤビツ峠のイメージでしたが、今回のコースはながめも良く、車の心配も少ないので走りやすい道で、なかなか良かったです。
犬越路はかなり昔にランクルで行った事がありましたが、当時は乗用車でもガンガン通っていました。
以前と変わっていなければ、峠のトンネルから道志側(神之川林道)はふもとまでダートです。
現在は、強硬なゲートがありバイクでも入れないようなので、道は荒れているかもです。

ろーどまんさん、おつかれさまでした。オフにきていただき、ありがとうございました。表丹沢林道、なかなかいい道でしたね!
犬越路情報ありがとうございました。結構、強烈なゲートがあるようで突破前提になるでしょうが、景色もいい道と聞いています(パンクに注意ですが)。
つたない幹事ですみませんでしたが、これに懲りずにまたよろしくお願いします。ろーどまんさんは秋川とのことなので奥多摩や秩父も近そうですね。今度、いつものフィールドもご紹介ください。

幹事お疲れ様でした。楽しいオフに参加させていただいてありがとうございます。
普段、坂道や荒れた道に走り慣れておらず、遅れることが多かったですが、その分刺激的で楽しさを満喫させていただきました。
自転車も乗り始めたばかりの若輩者ですが、今回のオフでさらに自転車が好きになりました。Fサイのオフ会にもどんどん参加していきたいと思っていますのでよろしくお願いします.

toshiさん、おはようございます。集合場所などどうも至らぬ私ですみませんでした。松戸からありがとうございます。
<若輩者ですが
いえいえ、輪行もすんなりやっていましたし、遅れたのは私のほうですから(笑)
今回のオフで自転車がさらに好きになったとのこと、幹事役としてとてもうれしく思いました。今後もいろいろな道を走りましょう。

お誕生日おめでとうございますbirthday

吉野梅郷サイクリングもご検討頂いていたのですね。タイミングバッチリでしたのに残念…

またご一緒する機会がありましたら、よろしくお願いします。湧き水で水補給せざるを得ないようなハードなコースは無理ですがcoldsweats01

ダイナさん、こんにちは
家族も忘れる私の誕生日に祝意をありがとうございます。

はい、日向和田は中坊のときに(サイクリング中に)頭を打ったところですし、梅もバッチリそうだったので是非行きたかったのですが、気の弱い私は翌日が気になってダメでした。。。またよろしくお願いします!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80685/47820067

この記事へのトラックバック一覧です: 表丹沢林道~浅間山林道~日向薬師~七沢:

« 大銀杏倒れる | トップページ | 三陸ツーリング 2010/03/20 気仙沼から釜石 »