« 権現山 | トップページ | 幕山 南郷山(1/16) »

2011/01/12

南房総 富山(2011/1/10)

海を渡って富山(とみさん)に行きました。

朝はとても寒くて鎌倉では雪がちらほらしていました。ちょっとずるっこですが前日の輪行状態のまま横須賀線に乗って、久里浜駅に到着。組み立ててフェリー乗り場へ。「寒いから中に入りたいなー」と思ったものの、係員が自転車に興味を示したのでしばし歓談しました。休日も2船ダイヤになったことを指摘すると、「くりはま丸はフィリピンのセブ島で第2の人生を送っていますー」とのこと。もう「しらはま丸」「かなや丸」の2船しか所有していないそうです。今日はささやかながら経営に貢献できてうれしいです。朝方はやや波があり、昨日の西風から北風になっています。でも、寒いのは今だけで房総に渡れば暖かくなるはずです。

R1031474

フェリーからはいちばんで飛び出し、内房線の小さな駅に立ち寄ってから富山方面へ。朝は曇ってましたがだんだん雲がとれてきたみたいです。今日は25000図の保田右半分と金束(こづか)左下部分だけの低山ポタ?です。

富山中学前で左折。前の日に買った「山と渓谷」にちょうど富山が紹介されていますが、アプローチは25000図にも載ってない西尾根含めて4コースあるようです。往路は伏姫籠穴コースへ。

R1031487

八犬伝は大長編なのでさわりだけ紹介すると、里見家再興を遂げた里見義実は、飼い犬でる八房に「敵将の首を取ってくれば伏姫(ふせひめ)の婿にする」と告げます。伏姫は約束を守り、首をとってきた八房とともに富山に暮らします。仏に仕えて暮らす伏姫ですが懐妊、身の潔白を示すために、富山に入った金碗(かなまり)大輔(伏姫の婿になる予定だった)の前で伏姫は自害します。この時飛び散ったのが八つの玉ーーとここから長い話が始まります。

R1031481

創作なのに遺跡があるとは不思議ではあります^^ひとしきり遺跡を見学して和風な伝説に「さすが千葉だーまじめに観光地にするなんて」と妙に感動しつつ、門に戻ります。

富山を登ると随所に水仙が咲き乱れています。あとでみる江月のように整然としていなくてまさに一面水仙、水仙、水仙、香りにあふれています。

R1031488_2

やがて階段になってほぼ担ぎに。350mの低山とはいえ、標高ゼロからなので、担ぎごたえがあって、朝の低温もどこへやら。暑くなってきました。きのうの奥多摩は植林が多かったですが、こちらは雑木林ですね。なんとなく南国っぽいですー

R1031490

頂(北峰)の展望台からはさきほど立ち寄った岩井の町や海岸線がきれいです。ちょっと霞んで富士山は裾野が見えるくらいでしたが、房総の先っぽ、三浦半島や伊豆大島などがよく見えました。ぐるっと房総の低山を眺めて、昼食。

R1031505

北峰のてっぺんから伊予が岳や房総の丘陵がよく見えました。標高は大したことなくてもアップダウンきつそうです。南峰の神社?でお参りしてから五合目、福満寺経由で下山することにしました

R1031517

このコースの水仙畑(畑というのか?)、圧巻でした。このあたりだけで十分満足してしまった感じ。山歩きの人も結構いて、進路を譲りつつ下の方では乗車。

R1031522

下山すると先ほどの富山中学前横から細道を入り、今回は立ち止まって必ず25000mで確認する(カンに頼らず方位も確認)をテーマに、馬場、二部、津辺野山東側(いったん峯岡中央林道に入ります)のきっつーいアップダウンを経て中尾原に出ます。

R1031546

赤伏から江月の水仙ロードを経て吉浜にでてばんやへ。ここでお風呂と夕食をとるともう暗くなっていました。もちろん夕陽フェリーは今回はなしです。金泉閣前には車が止まっていて宿泊客もいるようでよかったと思いつつ、フェリー乗り場へ。

夜のフェリーはなんだか遠い島に向っている気分。いつも夕陽を狙って乗船するのですが、久里浜で夜下船するとそこは離島の桟橋みたいでした。久里浜駅は小さくてなんだか最果ての駅に来たみたいです(実際、ヨッパーで乗り過ごすと私の場合はこの最果ての駅でタクシーを待つことになって、狭い三浦半島のはずなのにえらく散財するはめになります)今日の小さな旅は久里浜駅始発電車で終了です。地図を復習しながら帰路につきました。

« 権現山 | トップページ | 幕山 南郷山(1/16) »

房総など南関東(県内除く) 秩父」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80685/50555696

この記事へのトラックバック一覧です: 南房総 富山(2011/1/10):

« 権現山 | トップページ | 幕山 南郷山(1/16) »