« 夏沢峠へ | トップページ | 北東北ツアー  (私は十二湖へ) »

2012/10/02

夏沢峠2日目

P9305103

今日は早めに行動開始!(台風が来るから)

3:45に目が覚め、外で軽く体操なんぞしていると満天の星に中秋の名月もバッチリ(写真なくて残念)。

まんまるい月を愛でるときの平安な心持ちをこの世界の人たちが共有できれば、ぼったくりバー愛国の「安酒の酔い」とやらも醒めて紛争もなくなろうというもの・・・・・と山では理想主義的になったりしますが、心の片隅では切実でもあります(当地区のバーテンダーはトミンが選んでるし、チップをはずむコクミンもおられるので大きな声では言わないけど、底に流れる考えはつぶやいておきたい)。

P9305097_2

レトルトのおかゆを沸かして食べて、昼のおにぎりを受け取り、5:20出発。

ヘッドライトの助けが要らなくなったころ、夏沢峠到着(5:50ちょっと前)。無風

P9305098

P9305099

しばし日の出の感動に浸りつつ、硫黄岳行けるかな?と考えだしました。山小屋を出た時は早めに本沢温泉に下りちゃおうと思っていたのだけど、時速40-50kmで高速スピンしながらやってくるアイツ、まだ来ないよね?

P9305102

P9305100

ということで行っちゃいました(自転車は夏沢峠においてきました。小屋のおじさんに一言ことわって6:00過ぎ発)

P9305107

頂に近くなると冷たい風が吹いてきましたが、台風の厚い雲はまだはるか向こうにあります。登山者は少なく、頂は私1人だけ(7:00頂上着)。横岳赤岳へ連なる稜線が見えました

P9305108

P9305110

稜線や遠くの山並み、早く動く雲を見ながら、おにぎりを早々といただきました。

P9305111

寒くなってきたのでそろそろと下山開始 (7:10過ぎ)

P9305112

↑北八つ方面

P9305113

稜線もすっかり秋色です。

下山しているとようやく数人の登山者とすれ違いました。どこまで行くのかなあ。

8:00前に夏沢峠に戻り、自転車の鍵(する必要もないんだろうけど)を外して、オーレン小屋から登ってきた団体さんのさんざめく声を聞きながら、本沢温泉へ降ります。峠はまだ風は出ていません。石もゴロゴロしているので、ほとんど歩きでした。

P9305117

天気はまだ上々。少し風が出て木々の揺れる音を感じるようになったかな?

P9305118

振り向くと・・・・だいぶ降りてきました

P9305120

本沢温泉8:50着。

そして野外露天温泉!(先に本澤温泉で入浴料金払ってから)。気持ちいい~

時間帯がよかったのか人もいませんでした。P9305122

9:55出発。結構のんびりしていました。

P9305124

小海線のダイヤは夕方以降しか調べていませんでした。このとき、海尻発小淵沢行き11:18の次が13:24になると知っていたら、台風で乱れる首都圏の交通を考慮して、温泉は省略して11:18の電車に間に合うべくソソクサと下っていたかもしれません。下調べも多少はヌケがあったほうが幸せなこともありますね。時計より風を気にする方がストレスが溜まらない。

P9305126

本沢温泉からはほぼ走って行けました。のんびりと気持ちよく。

P9305129

P9305130

やがて八ヶ岳林道との合流点、本澤温泉口へ到着(10:49)

P9305131

舗装の林道で松原湖へ出ようかと、ちょっと迷いましたが、そのまま直進して未舗装路へ。

P9305132

本沢入口から稲子登山口への道はもとは重要なアプローチ道だったのでしょうが、いまは舗装の林道の影響等で使われなくなっているようで、手入れがされていない様子。所々荒れていて乗れない個所もありました。

P9305133

11:25稲子登山口へ出ました。

P9305134

11:50 駅までちょっと迷って、小海線海尻駅到着。次の電車は1時間半後か・・・泥除けがなく、輪行作業もすぐ終わるので手持無沙汰だけどまあいいか。「駅のホームでは赤いコスモス揺れていた♪」などと昔の歌をいい加減に歌詞を変えて何度も「初めに戻って」口ずさみながら。

もうすぐ電車がやってくる時刻。振り向くと八ヶ岳には厚い怪しい雲がかかっていました。

P9305135

台風の接近に伴い、中央本線の特急は運休になっていましたが、もとより小淵沢からも各駅停車を乗りついて帰るつもりでした。韮崎あたりでは本降りに。八王子からの横浜線、東神奈川での根岸線の間引き運転で遅れるばかりでしたが、横浜からの横須賀線は新宿ラインが運休になった以外はほぼ正常通りで、7時半ごろ帰宅しました。長旅でした~

夏沢峠。また、季節を変えて再訪したい場所になりました。

« 夏沢峠へ | トップページ | 北東北ツアー  (私は十二湖へ) »

信州」カテゴリの記事

コメント

乗鞍の仇は硫黄岳で!
天気が持ってよかったですね。

台風の影響も受けないでよいヤマサイでしたね。
今週末も台風の影響受けないとよいですね。

atsさん、はい午前中は問題なかったですね
やっと課題を1つクリアできてよかったです<夏沢峠
乗鞍はまた次回!

すどうさん、はい、影響がなくよかったです。
午後以降はすごいことになっていたようですが・・
今週は大丈夫そうですね

としさん
 台風を心配していましたが、直前にうまくクリアできて良かったですね。やはり、山は早めの行動でしょうか。
 一緒に行けずに残念でしたが、磐西線が夜には運転を位置切ったようなので、山は山でも郡山でビバークとなったかもしれません。私の所からは前後に日程を取って余裕を持って行くしかないかな。と思っています。

栗さん、こんにちは

はい、台風からは逃げ切れて楽しめました。
交通機関は確かに夕方からは乱れましたが・・
郡山なら小山よりは近くていい山ですね。

茅野どまりで1日で越えてしまう手もありますが
やはり山で1泊したほうが楽しいと思います。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80685/55790576

この記事へのトラックバック一覧です: 夏沢峠2日目:

« 夏沢峠へ | トップページ | 北東北ツアー  (私は十二湖へ) »