« 下見 | トップページ | 引っ越しました。 »

2013/05/09

鶯宿温泉から湯田へ

P5066854

6日は鶯宿から町道を経て旧沢内村、湯田へ。

ずいぶん早く起きたし、素泊まり298の部屋にさすがにテレビはないので、あまちゃんも観れない。雨予報だけど晴れてるし、7:30に出発。

P5066851

温泉神社を参拝したり、逢滝に寄ったり、鶯宿川沿いをゆきます。

P5066853

とくにフォトジェニックでもありませんが、やまあいの茫洋とした雰囲気が好きです。

P5066855

鶯宿ダム(冒頭の写真)を過ぎると聞こえるは鳥のさえずりと川のせせらぎばかり。

P5066856

ミズバショウやふきの花も道ばたに咲いています。この時期、実家のあたりでも咲いているものなので、近寄ってまで撮りませんが、明るい春の到来を全身で表現しているようです。

P5066857

P5066858

川から離陸すると貝沢トンネルへ

P5066859

トンネルがピークで、沢内まで下ります。木々の道を抜けると、残雪をかぶる姿の雄大な高下岳、和賀岳が目の前に広がります。

P5066863

P5066864

P5066868

銀河高原ビールの工場前。開いていたところで、ビールは飲みませんけどね

P5066869

山はまだ冬みたいだけど、里には確実に春が来てます。

P5066870

でも近くのカタクリ群生地では「今年はぜんぜん咲いてない」と土地の人が嘆いていました

P5066874

テレビクルーも絵が撮れずにがっかり

P5066876

かろうじて見つけました

P5066881

県道1号や側道、開拓集落をてれてれ走り、ミズバショウの群生地を歩いたり(SPD靴では湿地は歩けませんでしたが)、前章のとおり偵察と称して迂回に励み、ついでに温泉に入ったり・・・・・

朝は晴れてましたが雲行きが怪しくなってきました。

P5066883

P5066884

P5066886

P5066888

北上まで走らずにほっとゆだで切り上げることにしました 。湯田から錦秋湖のあたりは国道を走るしかなさそうだし、車も飛ばしてるでしょうから。

P5066904

湯田駅で輪行作業をするとぽつりぽつり降ってきました。14:36北上行きに乗り込み、接続する「やまびこ」の自由席で座って帰りました。どうやらあまちゃんの再放送(BS)は観れそうです。

GW最終日ですが盛岡始発なので運よく空席がありました。ただし一ノ関あたりで満席になり、仙台駅からはどーんと帰省客が乗ってきました。 接続がややあわただしかったうえ、車内販売が来なくて(混んで進めなかったのでしょう)、珍しく酒を呑まずに帰ったのでした。

P5066906

5月の週末は珍しく用事続きで自転車ツーリングに行けませんが、6月からはあちこち行きたいと思います。 こう書いてると無性にツーリングしたくなってきました(笑)

« 下見 | トップページ | 引っ越しました。 »

北東北(岩手)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80685/57338395

この記事へのトラックバック一覧です: 鶯宿温泉から湯田へ:

« 下見 | トップページ | 引っ越しました。 »