« 明星ヶ岳 | トップページ | 鷹取山など »

2015/01/06

遅ればせながら

あけましておめでとうございます。

年末年始は帰省してました 置いてあるMTBで近所の散策しました。

Pc310079_640x480

テレマークスキーの講習&ふつうにスキーにも行きたかったのだけど 稼ぎが悪いこともあって(^^;もろもろの手前、自重。しかし、 退屈って奴は精神衛生上よくないことに改めて気づきました。 そろそろ50代に入ることだし、妙ながまんはやめよう、と思ったのでした。震災以後何かと帰省してましたが そろそろ1年1回程度にしなければ。

P1010088_640x480

今年はGWと9月に5連休が取れそうなので 前泊と後泊をくっつけて四国と北海道に遠征したいと考えておりますが どうなることやら。 どうなることやら、と言いつつ 前述の感慨もあり、 今年はしっかり実行しようと思います。

ソロでの遠征は引き続き 少なくなりそうですが、 あっつい盛夏が自転車的冬眠期になりつつあることも踏まえて、 夏山遠征を増やそうと考えています。 徳本峠山サイに行かないと北アルプス登山に進めないと勝手に思ってましたが それも昨年すませましたし。

山サイもS峠(隠すこともないのですが主宰者さんの計画に便乗させてもらうものですから)など いくつか考えています。

大き目(自分的には(^^;)な目標ばかり述べましたが ふだんは近場を走ることでしょう。 それもいろいろと発見がある、と 最近は思えるようになりました。

その前に怠惰な正月でなまった身体にカツを入れなければ・・ ということで本年もよろしくお願いします。

P1010102_640x480

 

« 明星ヶ岳 | トップページ | 鷹取山など »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

若い頃と違って中年域に入ると、気負わずにマイペースで楽しむのが良いと、流れに身を任せています。
計画する時間が無ければ近場を順繰りに行けばいいし、計画する余裕があれば少し遠くまで足を運んでいます。
結果、泊りがけのツーリングは年に1~2回になってしまいましたが、四季折々の日本の原風景を楽しむには日帰りの近場でも十分かな、と思っています。近場には近場なりの心の落ち着きがありますし、地域の人との交流があったりします。
テレマークスキーは僕も二十代に入れ込んでいました。レースも転戦したし山にも入っていました。でも神奈川から山まではやっぱり遠いので足が遠ざかってしまいました。
自転車に戻ってみて改めて感じたのは、家を出てから帰り着くまでずっと楽しいということです。乗れない日は弄っても楽しいし。
ワンちゃん可愛いです。まだあどけなさがありますね。
今年もヨロシクお願いします。

INTER8さん、今年もよろしくお願いします。

私の場合はまだ、遠出や未知の場所へのあこがれが強い、しかもよい時期に行きたい、近場に行くのは小遣いや時間がないからという落ち着かない、解脱しない気分があるようです。たぶん大学上級あたりから30代まで趣味から離れていたためでしょう。いずれにしても時間等の限度があるので、流れに身を任せるという根本は同じですが(笑)山スキーしたいのですが、まだ機材もなく、初心者そのもので山に入る見込みもたってません、まあこれは半分あきらめてますが・・・

犬はいつまでもあどけなさを宿しているのですがもう11歳で老境に差し掛かり、遊んでくれなくなりました(^^;

としさん 明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
MTBの雪上ランはどうですか。私は、雪が降ると除雪でくたくたで、晴れると雪が緩んで乗りにくいなどで、今年はまだ一度も乗っていません。
真ん中の写真はスノーシューですか?私は自転車仲間を一人スノーシューに引き込みました。近々近くの里山に出かける予定です。スキーもやりたいのですが、思い切りがつかずにいるうちに、年ばかりとってしまいました。

kuriさん、本年もどうぞ宜しくお願いします。
今回はたまたま降雪が少なく、かといってずっと氷点下のままなのであぜ道の雪質は締まっていました。ただ除雪してない道はすすめませんが。融雪剤をまいている舗装路は汚れやすいですね。
真ん中の田圃での写真ははい、スノーシューです。雪が深くなっても歩けるのが楽しいですね。裏山や森の探索に便利です。冬の山にも携行して歩いてみたいと思っています。
今年はどこかでご一緒したいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80685/60932395

この記事へのトラックバック一覧です: 遅ればせながら:

« 明星ヶ岳 | トップページ | 鷹取山など »