« 嵐山から東秩父村ぶらり | トップページ | GWほぼ徳島ツーリング 2日日(落合峠から祖谷ぐるり)2015/05/02 »

2015/05/07

GWほぼ徳島ツーリング 初日(谷間豊永林道 京柱峠)2015/05/01

このGWは四国へ行ってきました。

当初高知県にちょこっと入りますが、実際は「ほぼ徳島ツーリング」です。久しぶりのロングツーリングでもあります。距離はロングとも言えませんが、険しい山と深い谷間を走るわけで、必然的に人影少ない峠中心のプランとなるわけで気分はロングツーリングです。

当初、剣山スーパー林道中心で全体を考えましたが、通行止めか所が3か所あったので、同林道はほぼ越えるだけとして・・・・でもこのあたりの峠は一通り行きたいぞ!などと苦心惨憺のプランニングでしたが、計画に呻吟するのも旅の大きな楽しみです。

5/1の仕事は休むことにして、4/30夕刻自宅を出ました。もちろん電車輪行です。阿波池田までの往復切符と往路新幹線の自由席切符を買って地元駅を出発しました。

初日(中継地の岡山に前泊していますがツーリングの日数に算入しないことにします)の起点はJR大歩危駅。

P5010321_640x480

駅に降り立つとまず、山にへばりつくような民家が目に入りました。四国に来た!と実感。

P5010324_640x480

今日の予定は余裕があります。のんびり組み立てて10時出発。

P5010325_640x480

国道沿いでは味気ないかなと京柱峠取り付きの豊永までは谷間豊永林道をゆくことにしました。

国道沿いですが、山にへばりつく民家をつなぐ道。川から2-300m高くなります。

P5010326_640x480
見上げていた民家と肩を並べると、吉野川がはるか下に。やはり来てよかったなあ。

P5010327_640x480
あれ?タイヤから異音を感じるように。シューをいじったり泥除けを少し曲げたりしてみましたが、どうも違うような・・。回転に合わせて紙を踏んだような音がします。

実は出発当日に前のタイヤを替えてきたのです。後ろタイヤも3週間前に替えたばかりです。それで当初は前のタイヤを疑ったのですが、どうも後ろからのような・・・?

P5010328_640x480

せっかくの味わい深いいい道でしたが、異音に気を取られて分岐を間違え、途中の岩原駅に下降してしまいました。あーあ。登り返すのはちょっと・・・

まあ、しかたない。集中を乱した要因を解決しようと、駅のあたりで前後のタイヤを外して入れなおしてみました。このときにちゃんと注意していれば原因はすぐわかったのですが・・・・・特に後ろタイヤ内部のチェックがあまりにも大雑把で気づかなかったのです・・・・タイヤの説明書が挟まったままだったことに(恥)

前のタイヤは出発当日に替えたばかりだったので目と指でチェックしましたが、後ろは3週間前に替えてしかも2回走っていたこともあってチェックしませんでした(なんで2回走った時に気づかなかったのかな?秦野峠はなかなか静かな道だったのだけど)。

異音は変わりません。ますます大きくなったような。(空気を入れなおしたのでタイヤ説明書の位置がずれたのでしょう。アホですね)

気を取り直して京柱峠への道に入りました。そういえばさっきの岩原駅あたりから高知県に入っています。

P5010329_640x480
紙を踏むような異音とつきあいつつ、峠道へ。まあ、今日は旅程に余裕はあります

ルート

P5010330_640x480
弘法大師がここを越えるのは京に上るほどだ、と評したという話から京柱峠という名前がついたという。古い道らしい、ここちよい勾配。静かで味わい深い、峠への狭い一本道。旅するサイクリストを引き付ける峠だと思いました。

充足した気分で峠着(15:20)。

P5010333_640x480
高知県側も祖谷側も素晴らしい眺望でした。

茶屋も閉店するところで、店のおじさんが去ると、この美しい峠にたたずむのは私だけでした。

P5010335_640x480

ここで輪友のatsさんに、京柱峠に来た旨メールを出しました。学生時代に四国ツーリングをしたという話を思い出したからです。ほどなく返ってきた返事には見の越、地芳峠、黒尊スーパー林道、瓶ヶ森林道など、海岸線なしの合宿を敢行した旨書かれていました。

人が来ないのをいいことにぼんやりと小1時間ほどいたでしょうか。

P5010343_640x480
峠から下りきった、かつての東祖谷山村の役所があった京上という名前の集落にあるよしだ旅館が今日の宿です。

P5020346_640x480

夕食は祖谷地方独自のおそばや豆腐、さしみこんにゃくなど。宿のおかみさんとぽつりぽつり話しながら、1日目が暮れようとしています。おかみさんの生家は落合集落の上のほうだとか。そういえば明日は落合峠。どんなところなのだろう。

久しぶりに遠くへ旅に出たその初日の興奮もさることながら、ここ数年のツーリングを思い出して深い感慨にふけってしまい、疲れているのになかなか寝付けませんでした。

« 嵐山から東秩父村ぶらり | トップページ | GWほぼ徳島ツーリング 2日日(落合峠から祖谷ぐるり)2015/05/02 »

近畿 四国 中国地方」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
四国いいですね~。
僕も大好きです。こういう斜面にへばりついた集落!
まったくイメージがありませんでしたが、四国ってこういう場所なんですね。俄然興味が湧いてきました。二日目が楽しみです。

INTER8さん、おはようございます。まだGW旅の余韻から冷めやらずにおります。今回、四国(今回はほぼ徳島)は自転車ツーリングにおすすめだなあと改めて思いました。宿派にはプランニングがややつらいですが、車中泊やキャンプならかなり自由にプランニングできるでしょう。古い峠も、古い道も、住んでいれば改装はしていますが古くからある家も、どれも味わい深いです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80685/61548211

この記事へのトラックバック一覧です: GWほぼ徳島ツーリング 初日(谷間豊永林道 京柱峠)2015/05/01:

« 嵐山から東秩父村ぶらり | トップページ | GWほぼ徳島ツーリング 2日日(落合峠から祖谷ぐるり)2015/05/02 »