« 夏の終わり | トップページ | 木賊峠 »

2015/09/07

鶴峠まで

土曜日は少し走っておこうということで4時半出発。

5時過ぎないと明るくならない。すっかり秋ですね。

厚木付近で道を間違えることが多いのでいつもの5万図に加えてツーリングマップルをコピーしてきました。

藤沢→用田→厚木→尾崎→宮ケ瀬→鳥屋(7:40)

P9051062_640x480
エンペラー号。タイヤを28から32に戻しました。まあ、そのほうが様になるので。

P9051063_640x480
この時点では自走で帰ろうと思っていたので山中湖方面を考えていたのですが、道志みちの車や自転車の多さを見て気が変わって鶴峠方面に行くことに。

P9051067_640x480
伏馬田↑(8:30)→菅井→綱子→舟久保↓(9:05) 

このへんは雰囲気いいですね~

P9051069_640x480

上野原(10時過ぎ)で酒まんじゅうを仕入れて鶴峠へ行きましょう。

P9051071_640x480

点々と集落があっていい峠みちですね。

P9051072_640x480
鶴峠は6年ほど前に来たきりで、手前にも傾斜のきつい田和峠(11:40着)があったのを忘れていました。

むきになったせいか、獲得標高2000mで売り切れ自動設定が働いたのか、足が動かなくなってきました。

加えて、鶴峠で食べようと酒まんじゅうを我慢していたのですが、どうも腹が減って眠くなってきました。睡眠はちゃんととってきたんですけどね。

たまらず途中で食べてしまいました。でも眠いままです。

P9051074_640x480

超スローペースで鶴峠にたどり着き、一寝入りしちゃいました。起きると13:30。だいぶロスしちゃいました。

松姫峠パス(新しいトンネルでエスケープ)しても自走では夜8時過ぎになりそうです。今日は6時半には帰ると言ってきたし、おとなしく鳥沢駅から3時半の電車で帰ることにしました。この時点では日曜日午前くらいは天気が持ちそうなので、近くで山練?しようと思っていました。

輪行してみると、

P9061077_640x480
写真ではわかりにくいですが、座金というのでしょうか?ぴしっとヒビが入っていました。ヘッドセットごと購入するしかなさそうですね。

再来週困る(私は通販使いません。つい買いすぎるので自分に禁止しているのです(^^;)ので、とりあえずノートン号から拝借しよう。

翌日曜日早朝。ノートン号のヘッド小物を外してみると・・・・

P9061078_640x480

ありゃりゃ?わんがゆるくなっていました。手で回ってしまいます。

専用工具もないし、工具があっても、ゆるくなるのが根本的におかしい話のはずなので、自分の手には負えません。

いずれにしてもそのままというわけにはいかないので、先週に引き続いて行きつけの自転車やさんへ持ち込むことにしました。往復75km程度なのでいいトレーニングですね。

結局、フレームに寸法誤差(ほんのわずか広い)があったようで、店にあったほんのわずか厚いワンを圧入してもらい、様子を見ることにしました。タダじゃ申し訳ないのでヘッドセットも取り置きお願いしてきました(タンゲTGHC-1じゃ儲からないだろうけど)

土曜日に自走帰りをあきらめたことで種々問題を発見したので、輪行したのはいい判断だった、と日記には書いておこう(^^;

それにしても、自転車の台数とともに振り回されることも増えたという気がしないでもない。

土曜日のルート

« 夏の終わり | トップページ | 木賊峠 »

近場ポタまたは練習のような県内ラン」カテゴリの記事

コメント

酒まんじゅうがおいしそうだなーと思いました。鶴峠で昼寝されたとのこと、のんびりして楽しそうですね。ここは車道の感じがするのですが、騒音に邪魔されず寝る場所があるのでしょうか。
ギザギザの座金にひびが入ったり、ワンがぱーぱーになるなど思わぬ故障があるようですね。早く直るといいですね。

追伸
「ルート」リンク押すと、表紙に戻るようですが、私だけかな?

ぱぱろうさん、おはようございます
ご指摘ありがとうございます。リンク修正しました。

鶴峠、バス停横の土手に寝る場所?ありました。自走帰りをあきらめてなかったので気はせいていたのですが、睡魔には勝てなかったです。
座金(エンペラーはオリジナルヘッドセット)は交換するしかないですが、結局ヘッドセットを購入(座金だけ交換)するしかないようです。もったいないですが。
ノートンのほう(ワンがゆるんでいた)は直してもらいました。次回問題なければそのまま大丈夫でしょう。
毎回バラバラにしたり組み立てたりしてれば故障もあるのでしょうね(^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80685/62235034

この記事へのトラックバック一覧です: 鶴峠まで:

« 夏の終わり | トップページ | 木賊峠 »