« 南三陸ツーリング(北上町、女川、牡鹿半島へ)2016/3/20 | トップページ | 横浜市内花見ポタ »

2016/03/25

南三陸ツーリング(牡鹿半島の小さい漁村巡り)2016/03/21

南三陸ツーリング最終日は牡鹿半島の漁港をつないで石巻までとしました

P3212100_640x480

朝のうちは快晴でした。コバルトラインでもよさそうですが、今回は初志貫徹で海ぞいを繋ぐことにしよう。

宿を8:00前には出て牡鹿半島最南端の黒崎をゆっくり巡りました。

P3212101_640x480

網地島をのぞむ美しい風景です。

P3212102_640x480
何軒か農家もあり、にわとりの声も聞こえました。

さて、牡鹿半島先端の東部を北上していきます。海岸沿いに道はないので、アップダウンだらけです。地元車が時々通るのと鹿がうろうろしているくらいで静かです。

コバルトラインとの分岐などを過ぎ、5kmほどいくと新山浜。山腹から漁港まで急降下すると細い路地沿いに集落があり、海に。

P3212103_640x480

P3212104_640x480

P3212105_640x480

P3212106_640x480

黒崎で宿泊した民宿はもともとはこの地にあったのですが、地震の揺れで家屋が損なわれて移転、再開したということのようです(直接詳しい経緯は聞いていませんが)。津波の被害だけがクローズアップされがちですが震源に近く、揺れ自体強烈だったのですね。地盤沈下による被害にも長く苦しめられているようです。また、震災直後はインフラも長期間止っていたので心身ともに大変なご苦労だったに相違ありません。いまも傷が癒えているとは言えませんが、1日1日大事に過ごすことで癒していくしかないのだろうと思います。それにしてもこの場所なら釣り客が多かったと思われますが、移転後は仕事の宿泊者のほうが多いとのことでした。

山腹の道に復帰して先に進みます。

5kmほどで泊浜。宿のかたによると住んでいる人は石巻に移転していなくなったという話でしたが、結構住んでいました。戻ってきたということでしょうか。

P3212109_640x480

P3212110_640x480

P3212111_640x480

P3212113_640x480
宿でいただいたみかんを頬張りながら、港でちょっとぼんやりしました。

泊浜からは数キロで県道に出ます。昨日通った谷川浜です。ここも集落だったに違いありませんが・・・

P3212114_640x480
ここからコバルトラインを横切って大原浜までは昨日と重複します。

大原浜から県道を通り、小網倉浜で海沿いの細い道に入り福貴浦。狐崎浜、牧浜と巡りました。

P3212116_640x480

P3212117_640x480

また県道に復帰、桃浦を過ぎたあたりで食堂があったので磯ラーメンとホタテ丼をいただきました。

P3212119_640x480
食事したところで13:10。石巻ゴールが妥当かなと考え始めました。(当初は松島まで行こうかなと考えていました)実は風が強くなってしんどくなってもきたのと、石巻市の集団移転工事のトラックが多くなってきて、サイクリングは牡鹿半島まででいいかなと思うようになりました。

P3212120_640x480
また、県道から離れて漁港を伝います。

P3212121_640x480

P3212122_640x480
小竹浜で今日最後の缶コーヒー&ぼんやりタイムとしました。この集落も港近くの家や施設は跡形もありません。

P3212125_640x480

P3212126_640x480

小竹浜からさらに先端を回ると石巻の市街が見えてきました。家屋も多くなってきました。

美しい海とわかれて橋を渡ると渡波地区です。風に逆らって石巻駅に向かいました。

P3212129_640x480

3時50分くらいの仙石線に乗車、仙台からはやまびこで帰途につきました。

無邪気に楽しかったとは言えないけど、とても意義深いツーリングでした。そこに住んでいる人々の暮らしぶりが胸にしみいるばかり。南三陸の美しい海とあわせて、脳裏に深く刻まれました。

サイクリングとして考えると、幹線、比較的大きな町に関しては工事の車も多いなど難点もありますが、まあ、道や地域を選べばいいかなと思います。私は今回は網羅的に回ることを重要視したので、国道も便利に利用させてもらいましたが、BRTやバス利用も1つの手だと思いました。(BRT利用者が結構ありますので配慮は必要ですね。小うるさいことを言う人があまりいないだけになおさら)

乱暴なレポートを読んでいただきありがとうございました。

次回このあたりならやはり岩手沿岸の漁村巡りかな。沿岸特に岩手南部だけでも半島含めてまだまだ未走のところが多く、未訪問の漁港、前回訪問したところも含めて行こうと考えています。3月の連休ばかりでなく夏も行ってみたいものですが、春から秋はどうしても山方面になってしまいますね。

そして気づくとGWの計画をたてる時期になってきました・・・・往復の交通手段はすでに確保(往路は1月、復路は3月に確保しました。すでに旅は始まっているということでしょうか)しているのですが、場所によっては宿の確保が大変そうです。

ルート

« 南三陸ツーリング(北上町、女川、牡鹿半島へ)2016/3/20 | トップページ | 横浜市内花見ポタ »

福島など南東北」カテゴリの記事

コメント

こんにちは

こちらのコースは僕の地元なのです(石巻在住)
見慣れた景色 道も としさんの写真からだと
また別の雰囲気で新鮮でした・・・綺麗でしたね

半島は震災後 さらに人口が減っている感じで寂しいですが
(鹿のほうが人より多い? 冗談でないかも・・・)
海だけは綺麗になった印象です いろいろ理由はあるのでしょうが

また こちらにツーリングに来てくださいませ

meganeyakenさん、はじめまして。コメントありがとうございます。
(ほかのブログでお名前に記憶はあります)
石巻在住なのですね。皮肉にも今回の震災で石巻市が北上、雄勝、牡鹿などと合併していたことを知った次第です。
人口の減少は寂しいことですが、宿のかたが「あそこは人がみんないなくなった」と言っていた浜で若い人が漁の準備をしていたり、立て直していこうという希望も感じました(外来者の勝手な感想ですが)。
輝く碧い海にぽっかり浮かぶ島、小さな浜のたたずまいなど、牡鹿半島の美しさが印象に残りました。また折に触れてツーリングに行こうと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80685/63385222

この記事へのトラックバック一覧です: 南三陸ツーリング(牡鹿半島の小さい漁村巡り)2016/03/21:

« 南三陸ツーリング(北上町、女川、牡鹿半島へ)2016/3/20 | トップページ | 横浜市内花見ポタ »