« GW北海道縦断ツーリング 2017/04/29稚内へ | トップページ | GW北海道縦断ツーリング 2017/05/01礼文から鬼志別へ »

2017/05/11

GW北海道縦断ツーリング 2017/04/30礼文へ

朝5時半。フェリーターミナルへ

P4303964_640x480
前日、時間があったのでフェリーターミナルへ下見がてら出かけたとき、「明朝は車の予約も少なくすいていますから6時前くらいに来ていただければ大丈夫ですよ」とのこと。夏休みや花の季節以外は観光客は少ないとのこと。そんなものかー。まあ、寒いもんね。

P4303965_640x480
でもほかにすることもないので1時間前に到着して乗船手続きをしました。自転車は私だけ。バイクもいませんでした。車が数台。

P4303966_640x480
ガラガラです。

そりゃあ、花の季節に来てみたいけど、さすがにまだ礼文まではむつかしいな・・・。

P4303972_640x480
曇ってますが利尻が見えました。海上は寒い!

P4303973_640x480

前回礼文島に来たのは大学2年の夏。

84年の7月末か8月初旬だったか、メモ帳捨ててしまったので正確にはわかりませんが、礼文ユースに2泊か3泊か。当時は夏休みということで若い旅行者だか放浪者だかでにぎわっていて、某ユースの客だかヘルパーだか男女が手をつないで(強制?)列をなしていました。知性もへったくれもないバカども(あくまで当時の感慨ですので念のため)と思いつつ、苦虫をかみつぶした風にして礼文YHに向かったのでした。

P4303974_640x480

とりあえず当時足を向けなかった島の向こう側、つまり桃岩方面に行ってみました(桃岩自体は歩いて登ったかも)。もうちょっと坂があったはずですが、新しいトンネルができて、その上の古いトンネルはふさいでしまったようです。

P4303976_640x480

P4303975_640x480

P4303978_640x480

予報だと雨模様なのでそそくさと礼文林道へ

P4303980_640x480
降ってきちゃいましたが、せっかくなので林道に入りました。クマもいないし。

P4303981_640x480
歩いた記憶はあるけど、どこからどんなふうに歩いたのかはぼんやりしています。今なら眺望とか花とかに感嘆しますが、若い時の旅はやっぱり人との出会いが主な思い出です。いくつか顔が浮かんできて懐しいのですが、そのくせ顔の特徴はすでにはっきりせず、覚えているのは島を愛すという歌だけです。

P4303983_640x480

P4303989_640x480

P4303986_640x480

美しい景色に心を奪われつつ、ここはやはり花の季節に再訪したいと思いました。感傷的な気分はだんだん薄れ、今度はかみさんでも連れて来ようと思いました。思い出は反芻するものではなく、どんどん上書きしていくもの。人はそうやって生きていくのです。

P4303987_640x480

P4303990_640x480

礼文林道を下るころ雨は再び小降りになったので、予定通り島の北部へ

P4303991_640x480
澄海岬へ。2車線の舗装路になっていました。

P4303992_640x480

晴れていれば南の島のビーチのよう・・・のはず。このあたりからまた雨がぽつりぽつり。この日はあまり寒くはありませんでした(あくまで翌日比)。

P4303997_640x480
何を干しているのかな?

P4303998_640x480
もとの道に復帰して北へ。江戸なんとか山道。きれいに舗装されていました。きれいだけどやや違和感はありました。

P4304001_640x480
スコトン岬。しぶきになげくトドの島。昔来た記憶が蘇りましたが、本降りになってきましたので、郷愁に浸る間もなく戻りました。

P4304002_640x480
船泊で雨宿りしましたが降り方は変わらずあきらめて雨中を走りました

P5014003_640x480
民宿はな心(しん)へ。玄関の雰囲気はユースホステルだったころと変わっていないようです。

P5014004_640x480
民宿からは海が見えます。あのころは社会人になったらまた来るぞ!と思っていましたが、すっかりおじさんになってしまいました。よくある話です。宿からの風景は昔も今も少し侘しい感じでした。

コース

« GW北海道縦断ツーリング 2017/04/29稚内へ | トップページ | GW北海道縦断ツーリング 2017/05/01礼文から鬼志別へ »

北海道」カテゴリの記事

コメント

私も礼文島は学生時代に2回ほどいったことがあります。そのときは、久種湖のキャンプ場に一週間ほど滞在して怠惰な日々をすごしていました。
やっぱり、島は夏に行きたいですね。

礼文島も、したがって、名にし負う桃岩YHも訪れたことがありませんが、スコトン岬の名とともに、往事の雰囲気を思い出しました。確かに知性もへったくれもない感じですが、それはそれで今となっては懐かしく感じられます。内省的な紀行文共感するところが多いのは世代が同じ所為でしょうか。わたしも、最近、嫁さんと旅に出かけたいと思うことが多いです。

すどうさん、こんにちは。
久種湖キャンプ場もまだ閉鎖(たぶん夏だけ開放)していたようです。
やはり礼文利尻めぐりは夏が最適ですね。地元テレビを見ると道南(五稜郭、松前)の桜が南国の景色のようでした。

ぱぱろうさん、こんにちは
私も今度機会があれば利尻登山、礼文8時間コースを家族と旅したいと思いました。7月が最適ですがいつのことになるやら。
やはり世代ごとに旅の目的は変化していきますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80685/65261399

この記事へのトラックバック一覧です: GW北海道縦断ツーリング 2017/04/30礼文へ:

« GW北海道縦断ツーリング 2017/04/29稚内へ | トップページ | GW北海道縦断ツーリング 2017/05/01礼文から鬼志別へ »