« GW北海道縦断ツーリング 2017/05/04サロマ湖から弟子屈へ | トップページ | 田子倉、只見 2017/05/21 »

2017/05/24

山古志 栃尾 大白川 2017/05/20

越後から会津へはいくつかの興味深い経路がありますが、今回は入門編?へ行ってみました。

只見線或は東武線(会津田島)の輪行を考えましたが、只見線の特に会津側は大回りなうえ本数が少ない。で、東武線利用を考えましたが、この4月から区間快速が特急に置き換わったらしく(つまり予約が必要。値段も+2000円ほど)、特に、確定し難い復路の利用には使いにくくなってしまいました。只見線で会津側から入ると昼から走りだすことになってしまうし、越後側から走りだすことにして、復路を只見駅(比較的遅くても首都圏に戻れる)から自転車で走った道沿いに鉄道で小出に戻るというのは・・・・私としては嫌だなあ・・・・・・・うんぬんかんぬん・・・・・・・・・結局のんびり1泊して只見線の不通区間も走ることにして、山古志や栃尾にも行ってみようということにしました。

P5204251_640x480
只見線越後広瀬駅で下車。8時過ぎ着。鎌倉からやってきて、8時40分には走りだせるってさすが新幹線。角栄さまさまです。

P5204253_640x480
中山隧道。1998年まで供用されていたそうです。普通車でも通るのが難しかったことでしょう。

P5204254_640x480
中は涼しいです。外は早くも暑くなってきたので、昼寝したくなるほどです。

P5204259_640x480
山古志にやってきました。水没した集落など地震の爪痕が生々しく、復興の過程で広い道が造られたりなどはあるようですが、集落も遠景も美しい村です。

P5204258_640x480
少し登っていくと山奥のようですが、登った先に集落や田圃があったりします。

P5204260_640x480
闘牛場。翌日なら何か催しがあったようですが、この日は誰もいませんでした

P5204262_640x480
闘牛場からの遠望もすばらしいものでした。(まぶしくて遠景が飛んでしまったので画像は省略)

山古志をひとめぐりしてから栃尾方面へ

P5204261_640x480
水田が美しいのでその写真ばかり撮っています

下の写真では、おそらく以前は水田沿いの道しかなかったのだと思うのですが、現在は水田を取り囲むように新しい道ができています。新しい道のほうが楽ですが、自転車的には水田沿いを走るほうが情緒があります(ゆっくりゆっくり)。

P5204264_640x480

P5204266_640x480

P5204267_640x480

栃尾をカットすれば早く、日帰りも可能とは思いましたが、せっかくなので(宿は予約してあるし)寄ってみることにしました。

P5204270_640x480

謙信ゆかりの栃尾城跡は歩いていかねばならないので今回はここと神社の参拝にとどめました。寝不足のためか暑いためか、やや頭が痛かったので、少し昼寝しました。こんなところで座って寝てたら怪しいおじさんそのものですが(^^;おかげで頭痛はとれました。

P5204271_640x480
石峠に向かう前に道の駅で栃尾名物というあぶらげを食しました。うまいのかなんだかわかりません(^^;

P5204274_640x480

守門岳を見やりながら。

P5204276_640x480

P5204277_640x480

石峠トンネルまでゆるやかな登りで、山菜取り禁止看板と熊出没看板がところどころにありました。よそからの山菜取り抑止のためにクマ出没看板も一緒に立てたのでしょう。

石峠のトンネルの向こう側にも水田がありました。

P5204281_640x480

石峠から入広瀬に降りて大白川に向かいました。

きょうは守門岳の威容迫る大白川の民宿に泊まります。早めですが、4時前には到着しました。

P5204289_640x480

雪解け水の流れを聞きながら、風呂や洗濯。食事も楽しみではあるのですが、泊りがけでよかったと思うのはなぜかこんな時です。

夕食は山菜づくしでした。

5378

5379
断末魔の表情の川魚も頭からしっぽまでいただきました。山の恵みに感謝しつつ、人間の原罪を思うのでした(^^;

5381

この日は疲れてやはり7時半にはぐっすり寝てしまいました。

コース

« GW北海道縦断ツーリング 2017/05/04サロマ湖から弟子屈へ | トップページ | 田子倉、只見 2017/05/21 »

新潟&接する信州 北陸& 岐阜」カテゴリの記事

コメント

北海道レポートが未完なのに、今度は越後から会津ですか。
<今回は入門編?  栃尾とか大白川と聞くと次回はいよいよ八十里越えでしょうか。
それにしても、越後広瀬8時台とは!!会津若松から行けば17時、1日がかりです。只見線頑張れ。

栗さん、こんにちは。
八十里越えへのあこがれもありますが、最近の状況はどうなのか気になっています。最近山サイごぶさたなので、体力などの調整から始めないといけませんです(^^;
首都圏からのアプローチが便利なのはうれしいですが、ローカル線の味わいも必要ですね。只見線はこれからどうなるのでしょうか・・・?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80685/65317477

この記事へのトラックバック一覧です: 山古志 栃尾 大白川 2017/05/20:

« GW北海道縦断ツーリング 2017/05/04サロマ湖から弟子屈へ | トップページ | 田子倉、只見 2017/05/21 »