« 美山から能見峠、朽木へ(2017/11/04) | トップページ | 上野原探索(西原古道) »

2017/11/10

朽木から奥琵琶湖(2017/11/05)

早くも最終日

Pb054914_640x480_2
小さな朝市で鯖寿司売ってました。でも、私はサイクリング中にあまりお寿司とか(生もの)食べないのです。

Pb054915_640x480
旅館の名前でもある安曇川。あどがわと読むんだそうで。予約した時あずみがわって言っちゃいましたよ(^^;

琵琶湖は山の向こう側。エッチラオッチラ登ると

Pb054916_640x480
古いトンネルがピークでした。トンネルを抜けるとそこは琵琶湖だった。なら感動的だけどやっぱり木々に遮られて見えませんでした。

Pb054917_640x480
紅葉がきれいです。朽木側は暖かかったのに、トンネルを出るとひんやりしました。県道ですが、どうも車はほとんど通らないようで。

Pb054919_640x480
水田地帯に出ました。

Pb054922_640x480
湖のほとりの集落。関東から来るとこういう家並みがすごく新鮮に感じられます。

Pb054924_640x480
琵琶湖に出ました。ホント海みたい。

海沿いはサイクリング多いです。ビワイチ(琵琶湖一周)とかアワイチ(淡路一周)とか言うんですね。いわゆるツーリストだと、湖や島の一周って、途中で飽きる面はあるかも。

Pb054925_640x480
といいつつここは地元?

こちらはかんながわと読むらしい。神奈川県をかんながわけんと読んだら私には与太者のように感じられます(^^;

で、湖沿いはさっそく飽きたので、集落巡り。

地元では観光客を必ずしも歓迎していないので、説明抜きのスナップ写真だけにしておきますが(といっても地元では有名でしょうし、ツーリングマップルにも載っています)風雅な建物や路地、水路、現在も利用している独特の井戸が多くみられました。保存への日常的努力、並々ならぬものが感じられました。

Pb054926_640x480

Pb054928_640x480

Pb054930_640x480

Pb054931_640x480

Pb054933_640x480

Pb054932_640x480

集落巡りやら湖岸走りに疲れると、静かな岸辺でぼんやり。

Pb054934_640x480
道路ができるまで陸の孤島だったという集落にも行ってみました。

Pb054937_640x480

Pb054936_640x480
ヤンマーの家庭工場だそうです。働き方改革の先駆者ですね。

Pb054938_640x480

Pb054942_640x480
集落はずれの食堂で、鴨そばと川海老かき揚げをいただいて、展望台へ

Pb054943_640x480
集落ははるか下へ

Pb054947_640x480
ちょっと霞んじゃってますが見晴も良かったです。さて、

Pb054948_640x480
ありゃりゃ。ピストンと知ってたら展望台までは来なかったけど・・・台風の被害だそうです。あちらこちら台風の影響を受けています。

Pb054949_640x480

Pb054950_640x480

当初は米原まで行こうかなと考えていましたが琵琶湖の東側に出ると交通量が多くなったので北陸本線の適当な駅に出ることにしました。

初めての京都、琵琶湖サイクリング、なかなか収穫が多かったです。

コース

西のほうはこれまで四国や紀伊しか足が向かなかったのですが、再び行動範囲を広げつつあります。「再び」と書いたのはロードに乗ってた頃は結構あちらこちら、奄美のような離島やら島根のような遠隔地など行っていたのです。その頃は今より可処分所得が多かったのですが、実入りの減少とともにだんだんしんどくなってきました。ただ、体力はちょっと前からこんなものですが、歯とか身体のパーツのところどころに衰えは隠せず。元気で走れるのはあとどのくらいかなーと考えちゃいます。お財布にはつらいけど、なるべく遠くに行きたいと思っています。

今週計画のグループサイクリングは土曜日の予報が芳しくなく、延期を重ねるうち季節的にもやや遅くなったこともあり、来春にふりかえることにしました。

で、自分としてはもともとこの週に考えていた計画を実行しようとしたのですが、いくつかチチェックしていた宿が取れず、コースの何か所かは通行できるかどうか怪しいなど消極的な要素が重なり、なるべく積極的に出たいと思いつつも、どたばたと粗末に旅費を使うのも避けないといけないので、やめちゃいました。

そんなこともあって、前からノートン号のブレーキ(シマノBRCT91 初期費用を抑えたかったわけですが、4年使ったのでもういいでしょう)の効きがよろしくないと感じていたし、旅先でも簡単に狂いなくシューの交換ができるようにしたい、ということで換装することに。といっても自分ではやらないのでドック入りです。

ヘロン号しばらくほったらかしなのでたまには乗らなきゃ(新しいタイヤ、ロードランナーのケバケバが気に入らなくて、しばらく見てみぬふりをしていました(^^;

ということでいろいろと思った通りに行かなくても、楽しみはみつかるもので、自転車というのはありがたいものです。

« 美山から能見峠、朽木へ(2017/11/04) | トップページ | 上野原探索(西原古道) »

近畿 四国 中国地方」カテゴリの記事

コメント

地名の読み方は難しいですね。関西人なので安曇川はあどがわとふつうに読むことができますが、神奈川がかんながわというのは知りませんでした。奥琵琶湖は水もきれいで景色もよくて好きな場所のひとつです。わたしも、いつか再び菅浦に泊まってみたいと思いました。

ぱぱろうさん、こんにちは
奥琵琶湖と呼べばいいのですね。ありがとうございます。(便乗して訂正します)
菅浦は国民宿舎のようなホテルと割烹旅館2軒ありました。ぼんやり過ごせそうな気軽な民宿はやってないんじゃないかと思います。都会に近いせいなのか、関西の小規模事業者の生存競争の激しさを反映しているのか、はたまた全国的現象なのかわかりませんが、料理を売り物にしないと成り立たないのかなあ、と思ったことでした

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80685/66026658

この記事へのトラックバック一覧です: 朽木から奥琵琶湖(2017/11/05):

« 美山から能見峠、朽木へ(2017/11/04) | トップページ | 上野原探索(西原古道) »