« 大山 | トップページ | 真壁 雨巻山麓 八郷 »

2018/02/05

七国峠 遠藤原 曽我

先週、情けないことに家の中でしもやけ??に。

寒い事務室でじっとパソコンに向かって足先が冷えたみたいです。平日の夜中痛くなって眠れず、困惑しましたbearing

週末は山歩きしようと思ってましたが、やめて回復に努めることに・・・・

土曜日の新聞には足先や足底の機能を回復するストレッチが掲載されていたので、朝一生懸命やってみました。

P2055135_640x480
周囲のサイクリストには足裏の不調になる方もいたような。考えてみると、トレランびとは足のケアにいそしむ人が多い印象(サイクリスト比)。サイクリストは自転車メンテナンスはちゃんとやっても自分の身体はそうでもないという方々も(あくまで印象)。私は自転車メンテナンスもそれほど熱心といえず、身体のメンテナンスも最近さぼってました。反省、反省。

日曜日。おそなしくすれば治るものでもないので、100kmほど走ろうと朝出発。

P2045116_640x480
花水川で右折、金目川で土屋橋まではいつものパターンですが、今日はあまり走ったことのない平塚の丘陵部をプチ探索してみようと思います。地元のロードの人たちは熟知しているでしょうが、私はこのあたり全然走ってません。

コンビニで補給してから細道をうろうろしました。

コース

P2045117_640x480_2

アパートの横にあった石碑、いつごろのものでしょうか。

周囲は住宅、企業、大学、ゴルフ場ばかりですが、昔はどんな様子だったのでしょうか?

P2045119_640x480
七国峠の茶屋。その昔は甲斐、駿河、伊豆、相模、武蔵、上総、安房が見渡せたらしい。いまでも、雪帽子をかぶってどっしり構える大山の好展望地ですが、すごく残念なことに目の前が廃車などのゴミ捨て場になっています。平塚八景の看板が空しい。

P2045120_640x480
遠藤原。ここはささやかながらのどかな場所です。

P2045121_640x480
広域農道から古怒田方面へ(↑写真は振り返ったところ)

P2045122_640x480

右に入り、急傾斜を古怒田集落へ登っていきます。

P2045125_640x480

P2045123_640x480
古怒田の空は広い。広々とした高台からの丹沢の山並みが見事でした。(富士山は雲がかかっていました)

P2045126_640x480
浅間山、不動山、いつも知らずに通り過ぎてしまうけど。山道を乗ったり、のんびり歩いたり。

P2045127_640x480
舗装の道に出ました。あとは曽我で梅を買って帰ろう。

P2045130_640x480

10018
曽我梅林は土曜日から梅まつりですが、見頃はまだまだこれから。日当たりのいい場所だけ咲いていました。

もうちょっと暖かくなるといいけどね・・・・・でも日はだいぶ延びてきました。寒い寒いと言ってるうちに春はすぐ来ちゃいます。

« 大山 | トップページ | 真壁 雨巻山麓 八郷 »

近場ポタまたは練習のような県内ラン」カテゴリの記事

コメント

霜焼けですか、かゆ痛いんでしたっけ。
毛糸の靴下(オーバーソックス)がオススメです。以前近所のお婆さんに何かのお礼で手編みのをもらったんです。ざっくざくの編み方だったんですが、それが凄く暖かいんです。天然糸の不思議。

INTER8さん、こんにちは。
そうです。かゆくて痛い感じでした。現在は軽快しています。アドバイスありがとうございます。山用で買ったつもりでまったく使っていない冬用厚手のニッカーホース(篤くて登山靴がはけなかった(^^;)や、やはり山用で古くなって日常に転用した厚手の靴下でしのいでいます。
手編みの暖かいのはなんででしょうね?空気を含むからでしょうか。
だんだん陽が延びてきて、こころなしか午後の事務室の冷え込みは和らいだ感じです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80685/66360598

この記事へのトラックバック一覧です: 七国峠 遠藤原 曽我:

« 大山 | トップページ | 真壁 雨巻山麓 八郷 »