« GW四国 新居浜から上林峠、久万高原町へ(2018/04/28) | トップページ | GW四国 韮ケ峠 上郷檮原線から天狗高原(2018/04/30) »

2018/05/11

GW四国 久万からほうじが峠、獅子越、河辺 (2018/04/29)

お遍路さんの朝は早いので朝食は6時からでした。

サイクリストにとっても助かります。いつも遠慮がちに「朝は早いほうが・・」と申し出ておりましたが、この宿は問答無用?(遅くすることもできるようです)で「朝食は6時からになります」とのことで渡りに舟でした。

ロビーには有名人のお遍路さんの写真が多く飾ってありました。中でもサッカーの某MEZN選手(若いころに活躍したが、その後飲酒で問題を起こした。最近はテレビにも出ている)は自転車で焼山寺まで足をつかずに登ったというから、やはりアスリートは違うものだなあ。

P4295509_640x480
宿の女将さんが出発時に写してくれました。この日も結局暑くなるのですが、朝はちょっと冷えていたのでこの時点では薄いウインドブレーカ-を羽織っていました。

P4295511_640x480
ちなみに今日のコース

県道12畑野川から県153/209号いったん国道380に出て県道211に入りほうじが峠を経て県道340/県道52で獅子越峠、林道で笹峠付近に出て県道55/245/56/55でひとまわりしつつ河辺北平へ。この日は計画と実走が一致する珍しい1日でした。

距離66.1km
最大標高差834m
獲得標高上り:1560m下り:1641m

P4295512_640x480

P4295513_640x480
移動のための落合久万線、美川松山線でしたが、生活感もあって、しっとりとした里山風景、気持ちいいサイクリングでした。

P4295515_640x480

いったん国道に出てすぐ美川小田線をぼうじが峠へ。峠の名前にはひかれますが、5万図を見た限り峠自体には眺望含めて特に何もない気はします。いつもそうですが、峠をブログの表題にすることが多いのですが、ただ脳味噌が横着してるだけで峠自体は目的地ではありません。田植え前の農村風景を楽しみましょう。

P4295519_640x480

P4295520_640x480

ほどなく人家は途絶え、じわじわと登っていきます。車はさきほどの集落からまったく通りません(県道52にぶつかるまで)。サイクリストもこの日は朝から晩までまったく見ませんでした。

P4295524_640x480

じわじわ登り詰めていくと眺望が開けました。5万図では集落があるような表示ですが、家は見当たらず

P4295527_640x480

P4295528_640x480
やがてほうじが峠に到着

P4295530_640x480
予想通りなにもありません。北西の方向へ別の未舗装路が分岐していました。私はそのまま南下します。

P4295534_640x480
峠からの県道340も数キロ(2kmくらいかな)未舗装でした。それで車が通らないのでしょう

P4295539_640x480
県道52にぶつかりました。家が数軒ありますが、だれも住んでいないようです。パン休憩。

P4295540_640x480

P4295541_640x480
住んでいた方には申し訳ないけど、こういう寂寥感、きらいじゃないです。

P4295542_640x480
この集落にはどんな歴史があったのだろう?などと感傷に浸っていますが、子孫は今頃国道11号をドライブしながら邪魔なサイクリストに舌打ちしているのかもしれません。

P4295543_640x480
休憩を経て深い山の雰囲気の道を獅子越峠へ。

P4295544_640x480
こんどの峠はスキー場になっていて明るい雰囲気でした。拍子抜けするくらい。

峠からちょっとくだったあたり。久万側かな?いい景色でした。

P4295547_640x480
林道を抜けて笹峠へ。笹峠(正確な場所はわからず)から宿は近いのですが、時間も距離も物足りず、遠回りします。当初からこの日の宿は近いのでダートなどあれこれ検討したのですが、結局穏当なコースにしたのでした。

林道から県道に出てからとんでもない急坂でした。

P4295550_640x480

P4295551_640x480

P4295552_640x480
内子町と大洲市(河辺)を行ったり来たり。ウオーサオー。

P4295553_640x480
林道建設に殊勲のあった人物の碑がありましたが、直下の集落はほぼ廃村状態でした。もののあはれという表現は適していないけど、かつての奮闘ぶりが偲ばれるとともに諸行無常も感じます。(下の写真はだいぶ下ってからです)

P4295555_640x480

P4295556_640x480
坂本龍馬脱藩の道。この日から次の日にかけて、脱藩の道をつかず離れず。

P4295560_640x480
笹峠から飛行機が旋回するようにぐるっと回ってから宿に向けて進路を取ります。

P4295567_640x480

P4295569_640x480

このあたり、屋根付きの木の橋がいくつもありました。歴史的な趣のものから、おばあさんが休憩やおしゃべりに使うような橋もありました。

P4295570_640x480
宿には3時前に到着しちゃいました。釣り堀と食堂を兼ねていて、食事や釣りの家族連れでにぎやかでした。

P4295572_640x480

P4295571_640x480

早すぎたので川で遊んでました。冷たいのが気持ちいい。もうそんな季節・・・・いや、やっぱりこの日は4月末にしては暑かったようです。

11256

11261
家族連れのお客さんが帰ると、泊り客はどうやら私だけだったようです。

11272

11275
宿の名前は「あまごの里」。食事もあまごの刺身、フライ、塩焼き、甘露煮などあまごづくしでした。

お風呂は薪で炊いてもらう方式で、まさに山奥の宿でした。

初日は国道アプローチから棚田がおりなす農村風景、2日目は愛媛の山奥を堪能する1日となりました。

« GW四国 新居浜から上林峠、久万高原町へ(2018/04/28) | トップページ | GW四国 韮ケ峠 上郷檮原線から天狗高原(2018/04/30) »

近畿 四国 中国地方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80685/66701581

この記事へのトラックバック一覧です: GW四国 久万からほうじが峠、獅子越、河辺 (2018/04/29):

« GW四国 新居浜から上林峠、久万高原町へ(2018/04/28) | トップページ | GW四国 韮ケ峠 上郷檮原線から天狗高原(2018/04/30) »