« 週末(ハンドメイドバイシクル 多摩川) | トップページ | 鎌倉自転車散歩 小坪大町編(南東部) »

2019/02/26

鎌倉自転車散歩 金沢街道編(北東部)

鎌倉はいいところです。

ただ、自転車で巡るには車や人が多いし、要所にふさがる県道や国道は自転車で走りにくい。私もそんなときは車との距離を測りながら走る訓練と割り切っています。

ところが最近、平日、コマ切れに細道を巡ってみると、細道とちょっとだけ階段を組み合わせれば県道と国道を使わずに多くの寺社を巡ることができることがわかりました。外からの車や観光客が増える週末に実証実験がてら走ってみました。

このエントリーはその報告です。その道順と説明のみを記し、関連する観光施設はその存在にふれるにとどめます。

今回は鎌倉の北東部としていますが、いわゆる鎌倉アルプスから北側はなきものとしています(^^;

上の写真を下で説明するスタイルに統一します。

P2246565_640x480
鎌倉駅東口(八幡さんに行く出口)を出て左に目をやると鳥居があり、現在はファミリマートができています。ファミマの路地を入る。

P2246566_640x480
カトリックの教会(ちなみにキリスト教施設も多い)を左折。小路を進みます。ちなみに辻子とは小さい道のことなので覚えておいて損はないでしょう。辻子では地元生活者が買い物袋下げて歩いているのでゆっくり歩きましょう。ハイキング本で紹介されているのか観光客も増えたかも。

P2246568_640x480
宇都宮稲荷神社

P2246569_640x480

大佛次郎宅は右でも左でも行けますが、右なら直進で県道を横切れます。

P2246570_640x480県道を渡ったところです。八幡さん敷地右側を進むと国大小中学校にぶつかります。

P2246571_640x480
国大敷地ぞいに進み、左へ。

P2246572_640x480

まっすぐ山方面へ。まずは西御門の急坂に挑戦しましょう。

P2246573_640x480

P2246574_640x480
その先を左へ曲がります。

P2246575_640x480
30度から40道はあろうかという急坂です。健脚の方は乗ってみてもいいですが立ちごけ注意です。まあ、最後までは乗れませんね(^^;もし坂の終点まで乗れたら報告してください。

P2246576_640x480
ぶつかったら左

P2246579_640x480
もうひと頑張り

P2246578_640x480
坂の終点です。自転車はここまでですが、ここから歩いていくと回春院に出ます。つまり建長寺と半僧坊に行けます。ここから先は建長寺の敷地なので、拝観料を払いましょう、と地元民として申し上げておきます。

P2246577_640x480引き返します。とりあえず来た道を戻ります。

乗って降りる場合はご注意。

P2246581_640x480

来迎寺を過ぎて、ここは左。

P2246582_640x480
さらに戻って、この説明板にて左の路地に入ります。

P2246583_640x480

進む

P2246584_640x480
頼朝の墓

P2246585_640x480
いろいろと墓。さらに細い道を進む。

P2246586_640x480
進むとちょっと広い道に出ます。そしたら右

P2246588_640x480
旧村上邸

P2246589_640x480
東御門の案内板で左

P2246590_640x480
学問の神様です。お子さんを浪人させたくなければこちらへ。すぐ左へ鎌倉宮へ進みます。鎌倉宮へはバスやタクシーも通り、道がまっすぐなせいか速度を出している罰当たりな車もいるので注意。

P2246592_640x480
鎌倉宮。右手にトイレあり。

P2246591_640x480
覚園寺への道(行って戻る)。覚園寺に行っても結局は鎌倉宮へ戻り、鎌倉宮の敷地に沿って奥へ進みます

P2246593_640x480
永福寺跡。近年、復元作業が進んでいて、空も広くなり、格好の休憩場所です。(ただしトイレはない)

P2246594_640x480
瑞泉寺へ。瑞泉寺も行って戻ることになります。ちなみに先ほどの覚園寺、そして瑞泉寺も天園ハイキングコースとつながっています。個人の趣向にもよるでしょうが、天園ハイキングコースはハイキングとしてとらえるより寺社巡りの一環として考えるほうが滋味があります。徒歩の時の参考までに。

ちなみに天園ハイキングコースの鎌倉側は自転車の乗り入れは禁止です。私は・・・やったことがないとは言いませんが、最近は徒歩だけにしています。だいぶハイカーも増えましたしね。獅子舞も最近はすっかり紅葉が有名になってしまいました

P2246596_640x480

瑞泉寺から戻り永福寺跡を過ぎテニスコートのあたりの路地で左折

P2246597_640x480
非業の死を遂げた護良親王。非業の死を遂げた歴史的人物多すぎです。

さてここ二階堂から浄明寺4丁目に移動します。

P2246598_640x480護良親王を背にして1つめを左折してまっすぐ

P2246600_640x480
そのうちT字路にぶつかるので左折。

P2246601_640x480
まっすぐ行くと分岐があって右へ。ちょっとした切通しになっていて浄明寺の住宅地へ。

P2246602_640x480
切通しからも天園ハイキングコースに行けます。(瑞泉寺からのコースと合流)

P2246603_640x480

切通しにあったこの表示図で説明します。現在地から浄明寺4丁目住宅地の上辺を通り、宇稲荷小路にでて県道に出ないように小路を浄妙寺へ向かいます。

P2246604_640x480
浄明寺4丁目にて。ここは右へ

P2246605_640x480
右なりへ。浄妙寺4丁目内は南下して金沢街道(県道)近くで左折して小路を浄妙寺へ向かうということです。

P2246608_640x480

P2246609_640x480
ここ右です。向こうは県道。

P2246611_640x480
浄妙寺。(町の名前は浄明寺)

P2246612_640x480浄妙寺を背にして右側へ進んですぐ左折して道なりに行くと県道に出て向こう側の報国寺側へ

(杉本寺は省略しましたがここからすぐです)

P2246613_640x480
華の橋を渡り報国寺(竹寺)へ。さらに奥に行くと華頂宮邸に。春と秋に公開していて直近では4月6日7日に公開します。

P2246615_640x480
金沢街道編はひとまずここ華頂宮邸で終点とします。

P2246614_640x480

ここで鎌倉駅方面に戻る場合は報国寺から脇の小道をゆくと鎌倉宮との分かれ道付近まで県道を通らずにすみます。県道に出たら荏柄天神社に向かいそこから本エントリーの前半の逆コースをところどころ省略しながらをたどれば細道散歩可能です。でも同じような道が嫌なら宝戒寺など小さな寺を辿って琴弾橋から妙本寺などに行ってもいいし、もう帰るならベタに八幡さんから小町通りに行ってもいいかも。でも人が多いので本エントリーの趣旨とは外れます。

本当は釈迦堂切通しが通れればいいのですが、残念ながら現在は徒歩を含めて通れません。徒歩で時間もあれば衣張山に行くことも考えられます。

さて、朝夷奈切通しですが、現在は自転車での乗り入れが禁止されていますのでここでは触れません。というか県道で十二所にアプローチするしかないので(^^;せっかくなのでハイキングでも行ってみることをお勧めしますが、サイクリングが主眼ならまあ見送ってもいいでしょう。

報国寺付近の補給場所(しゃれた食堂を知りません。すみません)としては1kmほど朝比奈寄りのミニストップです。浄妙寺から小道を辿るとほぼ県道を通らず(1回渡ります)行けます。ミニストップはハイランド(住宅地の名前)との分岐にあります。ハイランドを越えると逗子側(法性寺 踏切のあたり)に出るのでサイクリングには便利に使えます。

トイレは拝観すればたいていの寺社にはあります。インバウンドのためかどうか知りませんがあちこちできれいで便利だけど大きくて無粋なトイレが造られています。

金沢街道編は一応ここまでとして次回は小坪大町編(鎌倉南東部)とします。予告(というほどのもんじゃございませんが)していた北鎌倉と最終編は少し見直ししたくなり、やり直します。アップは来週以降になりそうです。

ルートラボ一応ひいてみましたが参考程度です

« 週末(ハンドメイドバイシクル 多摩川) | トップページ | 鎌倉自転車散歩 小坪大町編(南東部) »

地元あれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鎌倉自転車散歩 金沢街道編(北東部):

« 週末(ハンドメイドバイシクル 多摩川) | トップページ | 鎌倉自転車散歩 小坪大町編(南東部) »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト