« 勝沼から大菩薩湖、日川林道 2019/05/19 | トップページ | 九州10日目 水上村から湯前、槻木峠、軍谷峠、小林市 2019/05/05 »

2019/05/22

九州9日目 椎葉から飯干峠 水上村 2019/05/04

今日もいい天気で気温も上がりそうです。

  当初は疲れが残っていたら不土野峠経由で緩やかにしておこうと考えていました。が、天気もいいのでもうちょっと遠回りしようと思います。といっても宿の都合で60km程度で獲得標高も1000mを超える程度です。これが油断のモトでありましたが・・・P5047253-640x480 P5047254-640x480 P5047255-640x480 尾向。宿からの風景も見納めです。ぼんさん峠への道、不土野峠への道を分けて、このツーリングで三度目の椎葉中心部へ。きょうはダムを見る余裕もあります。ダムサイトを通ったほうが近道になるのですが、中心部で出店をやるというので行くことにしました。

P5047256-640x480 P5047257-640x480 P5047258-640x480 時間がまだ早く準備中の風情ではありましたがそばにありつき、豆腐にかけて美味かったゆずみそを買い求めました。

P5047259-640x480 宿の若旦那も猪肉でおもてなし中でした。出店は若い人も多く、まだ観光客は少ないにも関わらず、活気がありました。ひとしきり冷やかして飯干峠に向かいます

P5047262-640x480 P5047263-640x480 P5047264-640x480 小崎川沿いに・・対岸の高台にも家屋が見えます。P5047266-640x480 P5047267-640x480 川の口地区で川とわかれて峠に離陸します 。気温が上昇しているのと、陽ざしが関東より強いです。5月初旬で油断したかもしれませんが、峠道は比較的緩かったので前をローに落とさずシャカシャカ登っていきました。

P5047268-640x480 P5047270-640x480 やがて飯干峠到着。眺望は峠手前 がイイです。P5047271-640x480 本ツーリング唯一の筆者近影です。バイクの方が撮ってくれました。 P5047273-640x480 峠から下りて行くと南側の展望が開けます。 気持ちよくて ぐんぐん下りて行きました。国道388にぶつかり湯山方面に右折。P5047276-640x480 P5047277-640x480 さわやかな里山風景をみながら気持ちよく進む・・つもりが脚が回りません。短い急坂があったのですが乗ってしのげず。どうやら先ほどの飯干峠で傾斜が緩いのをいいことに一番軽いギアにしなかったので天罰が下ったようです。早くも売り切れです。疲れが出たようなのと、気温が上昇して日差しも強かったのでダメージが蓄積したようです。 まあ、1週間、緩い旅程とはいえ、寒暖の差もあり、3日ほどは雨中ランでもあったし。ちょっとした傾斜もきついので休み休み、歩き歩き進みました。とはいっても今日も時間に余裕はあります。

P5047278-640x480  軒先の日陰で休みP5047281-640x480 高原のキャンプ地があり気持ちいいのでちょっと昼寝しました。 風が気持ちいい~

昼寝でだいぶ回復しました。湯山峠は特段のものはなく、いつの間にか熊本県内へ。きょうはこの水上村の温泉旅館に宿泊です。もう気分は温泉にはやるばかり。

P5047284-640x480 遠くに見えるのが市房山でしょうか。このあたりのシンボルのようです。P5047285-640x480 P5057287-640x480 峠からしばらく降りたところで 脇道にはいり、里山をのんびり宿に向かいました 。

今日は市房観光ホテルという宿ですが、名前はホテルですが昭和30年代に先代が名付けたのをそのままにしているだけで、いわゆる古びた温泉旅館です。椎葉村で泊まった民宿は家族入り乱れててんやわんや大雑把でしたがそれはそれで面白く、五家荘で泊まった民宿は料理命?で客も多く活気がありました。今日は古びていながらも仲居さんも和服で格式があり、お客さんが数組いたにもかかわらず静かな宿でした。それぞれ特徴があって面白いです。ちょっとぜいたくだった通潤山荘も含めてYH後ここまでの民宿、旅館5泊(4宿)の選択は我ながらなかなか良かったと思います。ここまではコース選定含めて力を入れてましたからね。このあとの2泊はやや微妙となりますが(^^;

宿では隣にコインランドリーがあり、洗濯はそこでできます。余談ですが、九州ってこれまでのところコインランドリーが多いな~と思いました。雨が多くて乾かないからかな?自転車は屋根の下に置けました。

P5057286-640x480 ←部屋からの眺めもなかなか風情を感じました。

3時過ぎには到着していたのでゆったりと時間が使え、目論見の通り通り十分英気を養うことができました。食事は周囲で採取した山菜が中心、大変美味しくいただきました。これで明日西米良村のほうに行ければよかったのですが、残念ながら国道265の通行止めでプランは練り直しとなりました。西米良コースは目論見では獲得標高的にややきつかったので、今日はさらに軽めの予定としていたのでした。西米良コースが崩れたので今日は飯干峠、矢立高原経由にしよう、つまり今日はもうちょっと走っていこうということにしたのでした。翌日の泊りをビジネスホテルにしたのは到着がやや遅くてもいいようにということですが、これも目算が狂いました。まあしかたないことです。

コースhttps://yahoo.jp/vc8RDn
コースへのリンク

宮崎県東臼杵郡椎葉村大字不土野 ~ 熊本県球磨郡水上村大字湯山距離59.7km
最大標高差749m
獲得標高上り:1121m

椎葉村尾向-不土野-県道142で上椎葉-国道265で飯干峠-国道388で矢立高原、湯山峠-国道、村道などで湯山温泉市房観光ホテル

« 勝沼から大菩薩湖、日川林道 2019/05/19 | トップページ | 九州10日目 水上村から湯前、槻木峠、軍谷峠、小林市 2019/05/05 »

沖縄 九州 中国地方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 勝沼から大菩薩湖、日川林道 2019/05/19 | トップページ | 九州10日目 水上村から湯前、槻木峠、軍谷峠、小林市 2019/05/05 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト