« 九州7日目 通潤橋から二本杉峠、泉村、子別峠、五家荘へ 2019/05/02 | トップページ | 勝沼から大菩薩湖、日川林道 2019/05/19 »

2019/05/20

九州8日目 五家荘から椎葉へ2019/05/03

久しぶりに目覚ましアラームをかけず。

といっても明るくなれば自然に目が覚めます。朝起きて布団たたんで準備して朝ごはん食べて手洗いして出発して走って走って休んで飲んで食べてまた走って宿ついて風呂入って洗濯して夕ご飯をいただいて今日の簡単なまとめと明日の準備をして荷物の整理して寝る準備して寝る、ただそれだけの日々を続ける、こんな幸せなことはありません。

朝ごはん、食する間にはテレビがあって、ご主人が地上波からチャンネルを変えたので九州きて初めてBSを見ました。おしんの再放送を見たかったようです。おしんは加賀屋で奉公中に加代の本を黙って借りて大目玉を喰らっていたところでした。リアルタイムでは見てなかったけど大学でもアルバイト先でも「きょうのおしん」を語る女子がいたので筋は覚えているし、後年外国に行くと観てないと不審がられるくらいだったので何かの折に再放送を観たように思います。いま見ると、ガマンとか忍耐とかじゃない部分でかなり共感できるところがあるとしみじみ思います。

さて、そんなわけで少し俗世間にまみえつつゆっくり支度して8時半過ぎに出発しました。

P5037223-640x480 P5037225-640x480佐倉荘は国道沿い、つまり川辺川沿いにありますが、川辺川は木々に遮られて見えませんし、そのせせらぎも聞こえません。それに、国道といっても細道国道なので、たたずまいは山奥の民宿そのものです。

宿のある五家荘地域は椎葉とともに平家の落人の伝説で知られています。まあ、こんなところに逃げ込んだら、関東の御家人には探せませんよね(笑)

きょうは椎葉に戻ります。と、携帯の電源を入れると今日の宿から着信がありました。私は携帯とスマホの2台もちでスマホには電話機能はありません。携帯の充電器は持たず、チェックするときだけ電源を入れています。折り返し電話すると「県境峠で自転車事故があったと観光協会から電話があったので(私じゃないかと)電話した」とのことでした。昨日聞いた事故の件のようでした。そのときは記憶があいまいで誰かわからなかったようです。その後どうなったのかは知りませんが、新聞等に出てなかったので大事には至らなかったのではないかと思います。いずれにしても注意しようと再度思いました。

 

宿近くから登る道があり、進んでいきます。P5037226-640x480_1 少し登るとこのあたりの山深さが感じられました。P5037227-640x480_1 樅木地区。子供たちの声も聞こえてきました。P5037228-640x480 樅木の吊り橋。たもとではお蕎麦のお店が開店作業中でした。こちらもお若い夫婦で 、この山深い地区に若い人が結構住んでいるようです。計画段階でわかってはおりましたが、いくつか民宿もありました。P5037231-640x480 吊り橋を遠くから見たところです。

P5037233-640x480 このお宅には車があるのですがみたところ橋は歩行者しか渡れません。目を川の下流に転じると謎が解けました。P5037234-640x480 車ごと渡渉しているようです。すごいなあ。P5037235-640x480 さて、本日は峠を越えて熊本県から宮崎県へ戻りましょう。家屋は途絶え、えっちらおっちら登っていきます。 峠の名前はぼんさん峠とも椎葉峠(椎葉峠なり椎葉越えは正確には山道です)とも県境峠ともいうようで、相手によって通じる名前で(笑) 当初私は椎矢峠と混同していましたが、これは異なります。

P5037237-640x480 椎矢峠と同じように1400m級ですがこちらは完全舗装です。だんだん峠に近づいてきて空が大きくなり本日は快晴であると認識できました。ピーク近くに1か所絶景ポイントがあったのですが、バイクが3台占領していっぱいに座り込んで弁当を食べていたので通り過ぎちゃいました。そこから登るとまもなくピークでしたが、眺望はありません。やっぱり通り過ぎたあの場所しか絶景ポイントはなかったのです。ああ、邪魔しちゃえばよかった!

P5037238-640x480P5037239-640x480 峠は 登山の車が多かったです。登山者と一言二言会話をしましたが、峠だと少々落ち着かなかったので少し下がったところで宿で作ってもらったお弁当をいただきました。ちなみに椎矢峠の日も宿にお弁当(おにぎり)を作ってもらいました。

P5037240-640x480 ちなみに峠からの下りは注意すれば特に危なくはありません。(厳密には安全な道はないという前提で話しています)P5037243-640x480 P5037244-640x480 P5037245-640x480 P5037246 下ると椎葉側は少し雲が出てきました。見ても私にはよくわからないのですが、この あたりは焼き畑農業で知られているそうです。P5037248-640x480 尾向に戻ってきました。 もうこいのぼりの季節ですねえ。P5037250-640x480 P5037251-640x480 P5047252-640x480 2時過ぎには宿到着。2日ほどややハードな予定だったので、もともと今日は緩めの計画でした。といっても峠1発の心地よい疲れはあります。宿の犬マロンの横に自転車を置きましたが、老犬のためかちょっとしっぽをふってくれただけです。そういえばこの地区は猟犬の放し飼いが散見されます。ちゃんとしつけているからか、放し飼いで情緒が安定しているのか知りませんが、人が噛まれる危険は低いようです。(ただ、翌朝小さい猟犬が1匹自転車に吠えかかってきましたが。「こらっ」と一喝したら知らん顔して去っていきました。)

早く着いたのでサビサビ自転車の掃除をしたり、荷物の整理をしたり、風呂に入ったり洗濯したりゆったり過ごしました。

 

コースhttps://yahoo.jp/llB14m

コースへのリンク

熊本県八代市泉町葉木 ~ 宮崎県東臼杵郡椎葉村大字不土野

距離34.7km
最大標高差983m
獲得標高上り:1051m

五家荘(葉木)-樅木 村道県道林道などで県境峠(ぼんさん峠)林道で椎葉村尾向

夜は山菜料理で3日前より豪勢な印象でした。おかみさんの娘さん他などが帰ってきていて人手があったからかも。3日目に見かけた息子さんはこの日は中心部に用事だったようでみかけませんでした。小さい民宿ですが結構多くの人が出入りしていました^^

« 九州7日目 通潤橋から二本杉峠、泉村、子別峠、五家荘へ 2019/05/02 | トップページ | 勝沼から大菩薩湖、日川林道 2019/05/19 »

沖縄 九州 中国地方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 九州7日目 通潤橋から二本杉峠、泉村、子別峠、五家荘へ 2019/05/02 | トップページ | 勝沼から大菩薩湖、日川林道 2019/05/19 »