« 四国2020秋 6日目 11/6 剣山スーパー林道川成峠-林道出口-紅葉川 | トップページ | 小川町から笠山峠 堂平山 七重 越生へ 11/21 »

2020/11/19

四国2020秋 7日目11/7 もみじ川温泉から徳島空港

最終日は美杉峠を越えて上勝町、神山町へと考えていたけど

1日雨予報なので切り上げて徳島空港へ向かうことにしました。最終便の予約を1便前にしました。減便のため3時台の便がなかったけどしかたない。早く着いたら空港でゆっくりすればいい。朝食はいつもよりは食べず、8時出発。

Img_20201107_064426-640x362 Img_20201107_074521-640x362

霧雨で山には雲がかかっています。数百メートル登ると雲海のように見えるのかなあ。

Img_20201107_075113-640x362

予定だった道にちょっと未練はあるけど、

Img_20201107_075202-640x362

きょうは帰りましょう。命あらばまた他日。元気で行こう。

Img_20201107_082916-640x362

出発してすぐ本降りとなり、雨宿りして、完全雨防備としました。

Img_20201107_091427-640x362

国道195から鷲敷ラインで県道19(阿南鷲敷日和佐線)に入り小松島市に入るあたりまで那賀川沿いをゆきました。雨はだんだん小降りになってきましたが、雲は垂れこめています。

Img_20201107_093655-640x362

1時間に10分だけ開放するとのこと、迂回路もありますがいそがないので待つことにしました。おじさんは無線で向こう側の人と友人の消息の話に花が咲いていました(もちろん業務もちゃんとなさっていました)。1日立ってばかりじゃ、無聊だもんね。

Img_20201107_102507-640x362

小松島に入ると雨はほぼやんで、雲の合間から青空もちょっぴり見えました。

Img_20201107_104238-640x362

適当に細い道をゆくと踏切を渡りました。人もいないのでちょっと商いをしてましたら踏切がカンカンカン。た、たぶん見られなかったと思うけど。

その後は徳島市内を海ぞいに行きましたが、海ぞいの橋は自転車は通れず(通れても自転車にはおっかない感じの自動車のための橋でした)中心部の国道に迂回して空港に向かいました。川が多すぎて橋でふんづまって渋滞するようである。

Img_20201107_120029-362x640

吉野川。こんなところでお会いできました。瓶ケ森の下りではあんなに小さな川だったのに。なんて巨大な・・・・

そんな感慨は、実家近くに源流がある北上川を石巻で(石巻で見たのは旧北上川)見たとき以来です。

Img_20201107_122211-640x362

空港近くに地元の有力企業の工場があったのでパチリ。敷地内に製薬、食品、化学の順番で並んでいて、工場見学の小学生にも理系音痴のおじさんにもわかりやすい構造になっていました。

Img_20201107_152238-640x362

空港には1時前に到着。飛行機は5時台なので早すぎですが、すっかり汚くなった自転車各部、錆が浮いてきた箇所など、できるかぎりきれいにしてから輪行作業をしました。

(この日のルートは引いていません。だいたい60km程度でほとんど平地となります。国道から県道19/28で立江まで。このあたりは細道を適当にゆき、海ぞいを北上しましたが橋で迂回。国道の吉野川大橋を渡り地元の工場を見て、空港の看板を頼りに徳島空港へ )

飛行機輪行では荷物の移し替えが必要です。いつもフロントバッグを預けますが、こちらにはいつも工具類があるのでそれらはそのままで、サングラス、スマホ、洗面具などはサドルバッグに移したり、まあ大雑把に言えばそういう移し替え作業をします。細かいところでは救急用品のはさみも検査でひっかかるのでこちらはフロントバッグにいれたままにしておきます。そんなこというと一見大変そうですが5分くらいで完了します。サドルバッグにあまり荷物を入れないようにして空間を作ってヘルメットもサドルバッグに入れちゃいます。ヘルメットなど輪行袋に入れちゃう方も多いと思うし、強いヘルメットなんだからそれでいいとも思いますが、袋のなかで暴れるだろうからなんとなく気分が。。。といったところです。もともとヘルメットに消極的、持って行きたくもないですが、諸般の事情で(^^;まあ、クマ対策にもいいかなと思っているところです。

荷物検査は4時からでしたが、着替えたり、歯を磨いたりなどせいぜい身ぎれいにしたり、JALの女性職員の方とお話したり、なかなか有意義に過ごしていると4時になりました。搭乗、フライトも問題なく、揺れるという事前放送でしたが特段対したこともなく、羽田空港へひとっとび、四国サイクリングは無事終了、電車に忘れ物もせず帰宅しました(笑)

徳島空港を利用したのは初めてでした。サイクリング的には高松空港のほうがルート作りの上ではつぶしが効く印象はもちました。それにしても昼間の時間帯は駐機する飛行機がいなくてがらんとしていました。コロナ減便のためですが、寂しい限りです。

今度は新緑の季節がいいかな・・・でもGWは九州に行こうかなという感じだしその頃になると北に行きたくなってくるし、じゃあ早春もいいかな、なんてテキトーな妄想が頭を駆け巡るのでした。それにはまずコロナにかからないことですね。公的な行動規制がない限り趣味活動はしますが、自分や家族がかからないことだけを考えて今後とも日常から注意する、その気持ちを切らさないようにしようと思います。

とまれいい加減なレポートでしたが読んでくださった方があればありがとうございました。四国はやっぱりいいところです。

「旅は、私にとって自分の心を大切に守りながら生きていくために必要な行動です」(by とししんのう)

« 四国2020秋 6日目 11/6 剣山スーパー林道川成峠-林道出口-紅葉川 | トップページ | 小川町から笠山峠 堂平山 七重 越生へ 11/21 »

四国 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 四国2020秋 6日目 11/6 剣山スーパー林道川成峠-林道出口-紅葉川 | トップページ | 小川町から笠山峠 堂平山 七重 越生へ 11/21 »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト