« がん手術から1年&第8クール | トップページ | 湯治その5 栃尾又温泉 »

2022/05/06

たまには昔話(犬と自転車)

病気のことばかり書いていますが、たまには息抜きで「コドモ時代、なんで自転車に乗るようになったのかな?」と振り返ってみました。

小学校の下級生の段階で車輪なしで乗れるようにはなっていましたが、乗り始めの感激なども記憶にありません。自転車を多用するきっかけになったのはたぶん犬に噛まれた出来事からだったと思います。

小学4年の6月。母に連れられて外出したときのこと。

丘の上にある我が家から下町へ、車の往来が多く排気ガス濛々のバス通りでなく裏道を歩いていました。ふと、今歩いている場所の位置関係を確認しようとして近くの材木置き場に入り込みました。材木置き場の奥の崖のところまで歩くと眼下には生協があり、家から駅まで半分くらい歩いたと認識したのを記憶しています。

と、そのとき。

大きな白い秋田犬が突然飛び掛ってきました。材木の陰に隠れていたようで気づかなかったのです。よく見ると、長いロープにつながれています。 逃げなければと思いますが、腿を完全にくわえていて逃げられません。手でバンバン叩きましたが今度は手に噛み付いてきます。「やめろー」などと言いながら、のど元を噛まれないように防御するのが精一杯でした。

なかなか私が戻ってこないので探しに来た母が血相変えて飛び込んできて、買い物籠で犬をボコボコたたきました。私は材木置き場の奥の崖(3mありました)から飛び降りて脱出。材木置き場の入り口に出てきた母と病院に行きました。私は血まみれ。かまれた右腕から筋肉が露出してましたので、道行く人は皆ぎょっと立ち止まりました。走って走ってたどり着いたのは、私が生まれた病院でした。

私は病院の玄関で「がいかあるの?」とつぶやいたそうです。(もちろん「げか」が正しい) 生まれた病院にケガを治すお医者さんがいるのか?と疑問に思ったわけですが、総合病院でした。さっそく手術。 部分麻酔ですから、縫っているところを見学しながらです。 たぶんかなり痛かったのですが、お医者さんやら看護婦さんやらが「我慢強いね」などとおだてるので弱音も吐けず、ひたすら忍の字でした。結局右腕右腿を合計36針縫いました。そのまま入院。

父は厳格な人でしたが病院ではなぜかにこやかでした。 「学校さぼれてうれしいか」といわれたのを覚えています。父の会社の人たちか仲間かわかりませんが見知らぬ大人たちが見舞いに来てくれました。

6月下旬の暑いさなかに2週間もお風呂に入れないなど(シャワーなんてものもありませんし)、種々不自由だった入院生活のはずでしたが、同室の高校生(腎臓の病気でした)と仲良くなったり、懐しい思い出も残りました。

退院してしばらくすると、母が保健所の書類を見せてくれました。私を噛んだ犬が注射で殺処分されたという内容でした。材木置き場の人が自主的に処分を決めたということです。考えてみるとその秋田犬はまっしろでしたので、手入れもちゃんとして可愛がっていたと思うのですが・・・ 母は「殺されたんだって。かわいそうに」と、子供が殺されたかもしれないし、自分も危ない目に遭ったにもかかわらず、そんなことを言ってました。私が他人の領地に足を踏み込んだから彼は職務を全うしただけ。にも関わらず殺されたのだと子供心に理解しました。

でもそれ以来、犬が怖くなってしまいました。

吠えられるともうそれ以上近づけないし、繋がれているとわかっていても、目の前を通り過ぎることができなくなっていました。夜、近くの柔道の道場に通っていたのですが、 帰り道は犬のいる家を避けて遠回りして帰ってきたり、それでも遭遇するときは全力ダッシュで駆け抜けたり。 一軒家では犬かっている家が多く当時は外飼いが当たり前だったので、どこもかしこも地雷だらけ。

私は歩くのがイヤになり移動に自転車を多用するようになります。それとともに友達とつるんで歩くことが少なくなり、1人で方向指示器付きの自転車でうろうろするようになっていったのです。犬嫌いがきっかけで表面的には自転車好きになり、内面的には性格の内向性と独立心が顕著になってきたのかもしれません。ただ、一人では数キロ四方に出かけるのが精いっぱいで、もっと遠くに行くためには同好の友人が必要でした。

犬嫌いはその後だいぶ克服したものの、サイクリングで犬に追いかけられると正直なところ恐怖感が蘇ります。

 

追記)本日朝食後の服用をもって1年にわたる抗がん剤投与は終了^^長かった~

« がん手術から1年&第8クール | トップページ | 湯治その5 栃尾又温泉 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
子供の頃に受けた強烈な思い出はいつまでも心に残りますね
僕は犬との関係は良いことが多かったので犬好きです
でもサイクリング先で吠えながら向かってくる奴は怖いです
小型犬なら蹴飛ばしてやろう、なんて思いますけどね
抗がん剤治療完了、おめでとうございます!

INTER8さん、こんにちは。
本文では犬嫌いと表現しましたが、恐怖症。しんから嫌いになったわけではないですね。その後だいぶ薄らぎ、飼うようにもなりましたが、サイクリングで追いかけられるのは相変わらずコワイです。熊なんかも映像で見る分にはかわいいんだけどねえ・・・

お気遣いありがとうございます。さっそくムック本のサイクリングコースガイドの本買ってきました。コース自体は目新しくないけど、旅気分になってきたので^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« がん手術から1年&第8クール | トップページ | 湯治その5 栃尾又温泉 »