« 湯治その7 増冨温泉アゲイン 国師ヶ岳 | トップページ | 抗がん剤最終第10クール終了 湯治(玉川温泉) 秋田駒ケ岳 »

2022/07/03

近況(CT無事通過 最終クールへ &輪友来たる)

湯治後の近況です。

2週間前に抗がん剤第9クールが終わり、先週火曜日はCT検査、金曜日はそれを受けての診察でした。結論としては肝臓、膵臓、肺、腹膜など問題なし。腫瘍マーカーも憂慮するような傾向はないようです。血液関係の値がいつもの通り貧血傾向を示すくらいでした。ひとまずCTで問題なかったので一安心。また4か月ほど推定無罪の日々となりました。このまま無罪判決が出ることを祈るばかりです。

1年たったので5年生存率とやらもUPしているはず。でも、ふだんからそんなことを考えてもしかたないので、この4か月楽しく充実した日々を送ることを第1に考えたいと思います。5年たったらどう言われたか書こうと思います(^^;

抜歯したいことを伝えましたが、医師からは「第10クールを終えてからでいいのでは?」とのこと。考えてみるとそれが合理的かと思い直し、4週間休薬して抜歯治療するという目論見を見送ることとしました。

で、金曜日からTS-1 第10クールが始まりました。

翌日土曜日。久しぶりに輪友2人HさんFさんとわが地元にてお会いしました(Hさんはがん友でもある。がん先輩というべきか。Fさんからは15年前にヘロン号を譲っていただきました)。暑いものの、お住まいの地域より涼しい様子でほっとしました。海に近いだけが取り柄の狭苦しい我が家にてごはんののち、海を散歩しつつ、がん封じの上行寺へ。その後は安国論寺、名越の切通し、妙本寺(お寺は日蓮宗ばかりですが)など地味なスポットばかり案内し、西口でアイスを食べてまったりしつつ、昔話、サイクリングの思い出、輪友の噂話(びっくり話から毒のある話に至るまで)に花を咲かせつつ、夕日の江ノ電に乗るというお二人を見送って帰途につきました。たくさん歩いて、久しぶりのおしゃべりで脳が活性化し素の人間に戻ったような、ありがたい1日でした。

一番びっくりしたのはこの春に10時間にも及ぶがん手術を受けて術前、術後の化学療法も受けているにもかかわらず自転車レースの練習をして骨折した輪友Aさん(といっても実際に直接話した記憶はなく、第1次mixi時代(2005-2008ごろ)にやりとりがあったくらいで向こうはお忘れかも。「A」は当時のハンドルネームのイニシャル。第1次mixi時代は仕事も趣味も関心領域もごった煮で知らない人とのやりとりも面白かったのですが、漢詩の研究者にねちっこく絡まれてうっとおしくなったので退会した)の話である。私は術後の化学療法の間は助走はしつつもおとなしく過ごすことにしているけど、Aさん(ネット越しでも感じていたが)の強い意志力と実現する力にびっくりしたのでした。しかし骨折とは大変。ご快癒をお祈りします。(Aさんの過去の逸話からの連想で12年前の井川雨畑、丸山林道撤退ツーリングも懐かしく思いだしたのでした)

HさんFさんと同時にご一緒したのは記憶に間違いなければ2013年秋の王滝3峠(白巣、鞍掛、真弓峠)が最後だったと思います。渡合温泉、懐かしく思いだしました。参考にしたwebサイトの制作者の方もお元気だそうです。道迷い、真夜中の渡合温泉到着などの武勇伝満載のレポートを見つけて、一応計画立案者であったので、(別のwebで)道迷いか所の写真などプリントアウトして戦々恐々としてでかけたのでした(メンバーはベテランぞろいで私ごときが心配することもなかったのですが。でも武勇伝レポートもベテランぞろいですよ)。

私の自転車生活は2003年からで当初はロードのみ。イベントに参加することは有っても誰かとツーリングというのはなかった(走行会というのがあってそれはそれで楽しいけどちょっと無理している感じはあった)です。2007年ごろだったかFCYCLEで知り合いヘロン号を譲っていただき、本来自分がイメージしていた「サイクリング」にのめりこんでいきました。仕事はSARSでの派手な休みをはさんで2001-2006までが最盛期で、それからは経営環境も本人の意欲も下がり、趣味の度合いが増えてきました(趣味への関心増大から勤労意欲が下がったといえなくもないけどそれでよかったと思っています)。2011年にFサイをやめてから、その後3年はIさんとのツーリングが多くなり、時折Hさんや常任幹事T氏のオフに参加したりソロで遠くへというパターンでしたが、Iさんがご病気になり、ソロが中心になっていきました。

そういえばIさんの形見分けの一幕(少々毒があるので内容は書きません)を思いだして苦笑い。私にも言えますが人の口に戸はたてられないとはよくいったものです。何気ない振る舞いが何年たっても語られる(^^;私もほどほどに気をつけよう。

脱線しましたが、Iさん亡き後は遠出に軸足を移しつつ、時おり常任幹事Tさんのオフに参加させてもらったり、ブロ友IさんPさんなどとご一緒させてもらったりしました。仕事に終止符を打つとコロナ禍が始まり(コロナのおかげで仕事に関してはとってもあきらめがつきました)、これからは自由にツーリングできるぞと思いつつ、今度はがんになって今に至ります。

いずれにしても中年になってから趣味を通じてたくさんの思い出ができた。関わってくれた、あるいは目の前を通りすぎてくれたみなさんのおかげ。このことにまず感謝したいと改めて思ったのでした。

そして・・・・・7月29日で1年2か月に及ぶ抗がん剤投与(術後化学療法)が終了となります。がんばろう。

 

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

« 湯治その7 増冨温泉アゲイン 国師ヶ岳 | トップページ | 抗がん剤最終第10クール終了 湯治(玉川温泉) 秋田駒ケ岳 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

地元あれこれ」カテゴリの記事

病のこと」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
としサンの今までのことがよく分かりました
まだ この先も長いですから、サイクリング復活して人生の後半を楽しみましょう
抜歯はしなくて済むならしないほうがいいです
そしてインプラントを入れるなら実績のある歯医者で。保証必須。
先月、数年前に入れたインプラントが折れました
稀にあることらしいですが、その歯医者で入れたことが悔やまれます

こんばんは。度合温泉でなく、渡合温泉ですよね。真弓峠や白巣峠は、いってみたいところのひとつです。もちろんランプの宿である渡合温泉にも泊まってみたいなあ。若いころ、三浦ダムから鞍掛峠に出て、下呂に下りたことがあります。寝ていてときどきそのときの夢を見ます。開田高原や地蔵峠からみた御嶽も懐かしいです。いつの日かそこをふたたび訪れてみたいなあと思っています。神坂峠も宿題でしたよね。

近況見せてもらいました。
よく頑張ってますね、これからもしっかりと頑張ってください。
体調を見て自転車遊びも楽しみましょうか、素晴しい気分転換になりますよ。

お世話になりました。

楽しいひとときでした。

復活したらまた大滝3峠行きますかね~

INTER8さん、こんにちは。
ミクロでみれば数か月単位でしか具体的な日程は組めないですが、もちろん後半はこれからだと思っています。
歯周病で下あごと上あごの奥歯2つが割れているので抜歯して下あごはインプラント、上は部分入れ歯にするつもりです。抗がん剤やってると抜歯できないので、1年ほど進行するにまかせてしまってます。口の中が気持ち悪くて夜目が覚めるし、抜歯はしないとしかたないという感じです。歯医者さんは近所(元お隣さん)の信頼できる歯医者さんです。腕の立つ人はほかにあるかもしれませんが、根っからの地元の方です。
もし折れても?フォローしてもらえると思います。

ぱぱろうさん、こんにちは。
ご指摘の件は気づいて訂正しました。
鞍掛峠は三浦貯水池北側を周回すると暗くなる可能性があったので、パワースポーツ企画のMTBレースのコースを走りました(レースは今年秋はやるそうなので道は通れるのでしょう)。貯水池を北側に見ながらやがて三浦ダムに降りて滝越に、というコースでした。http://stoshi.air-nifty.com/stoshihama/2013/09/post-776b.html

神坂峠は天候が怪しくても行っておけばよかったと悔やんでいます。

NBsanさん、こんにちは。

はい、これからも頑張って、まずは体力を回復させつつ、充実したサイクリングライフを送れるようにしたいと思います。NBsanさんももうちょっと涼しくなったら自転車旅を楽しんでください。

ブリッジさん、こちらこそ楽しかったです。
王滝3峠、あの奥地感を懐かしく思いだしてます。3峠でなくても2峠でも1峠+どこかでもいいかもしれないですね。私はまず体力回復がんばります。いまは国際村でひーこらですが^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 湯治その7 増冨温泉アゲイン 国師ヶ岳 | トップページ | 抗がん剤最終第10クール終了 湯治(玉川温泉) 秋田駒ケ岳 »