« 飛騨木曽サイクリング 野麦峠 11/2  熊遭遇の峠道(+湯治行) | トップページ | ほぼ和歌山旅 11/18  古座から分断371号 みぞれまじりの寒い1日 »

2023/11/23

ほぼ和歌山旅 11/17 初日 古座へ移動

一週間ほど(実質5日間)紀伊半島へ行って来た。

 紀伊半島の山間の道をクネクネと回ってみたいと情報収集したけど、いくつか通行止めがあって結果的に和歌山の山間と海を織りなしながら、引牛越と牛廻越を往来して海に出るコースとした。

17日 鎌倉駅まで本降りだったので雨武装。前回のツーリングに引き続いて8時7分小田原発の新幹線のパターンで名古屋へ、特急で那智勝浦、鈍行で古座駅へ。

自転車を組み立てて宿へ。五年ほど前にもお世話になった宿だが、今回は夕食のみ。女将さん、病気されてから素泊まりか、夕食のみとなったということだ。貼ってあった新聞記事によると70歳代後半。旅館を経営してくれるだけでもありがたい。同じ町にいくつか旅館や宿泊施設があったはずだが廃業してしまったらしい。キャンプしない自転車旅にとって重要なのは点々と宿があることだが、全国どこでも似たような状況だ。一方で食事なり温泉なりが豪華な高級宿や特色ある観光地はそれなりに賑わっているが、1人自転車旅には敷居の高い宿も多いのである。

やまさき屋旅館さんは食事も美味しいし、部屋もきれいにされていて、後継者があればいいのだけれど。

3a1fc4c1d5754c8da232b3a677c7af84_1_105_c 2122db85e9184b23a22bd17348d1e117_1_105_c F207eb386549456999ff2e7b7e660bd3_1_105_c 1bbdc988b74a42aa906fd77789725968_1_105_c

(左2枚 勝浦駅で サイクルトレインをやっているらしいが、遠来だと使いにくそうである。路線が限られ、予約も必要とのこと。右から2枚目 旅館前の建物に見覚えがあった。右 旅館の夕食 )

« 飛騨木曽サイクリング 野麦峠 11/2  熊遭遇の峠道(+湯治行) | トップページ | ほぼ和歌山旅 11/18  古座から分断371号 みぞれまじりの寒い1日 »

紀伊半島(三重 和歌山 奈良)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 飛騨木曽サイクリング 野麦峠 11/2  熊遭遇の峠道(+湯治行) | トップページ | ほぼ和歌山旅 11/18  古座から分断371号 みぞれまじりの寒い1日 »