« 四国お遍路サイクリング阿波編3日目 12月18日 12(焼山寺)-17番 神山町 徳島市 | トップページ | 金時山 今年はまずまず順調な1年でした »

2023/12/30

四国お遍路サイクリング阿波編4日目 12月19日 (18ー20番、22番)小松島市 勝浦町 阿南市

前日のヤマが焼山寺なら、今日のヤマは鶴林寺といったところ。(この時点では21番太龍寺はロープウエイですますつもりだった。この日は点検日でロープウエイは休みだった)

7時半鱗屋さん出発。眉山山麓を登って降りて徳島市の南側へ。日本一低いという弁天山に「登頂」してから、8番恩山寺、19番立江寺を相次いでお参り。

ところで自転車の遍路は基本的に車でのお遍路と同じようなルートとなる。標識は多くありわかりやすい。そうやって回っていると歩き遍路もやってみたいなという気持ちがムクムクと湧いてきた。何年後かわからないが、冬の歩き企画としたい。室戸岬とか足摺岬とか大変そうだしお寺も少ないわけだが、そこまで徹底的に歩き通す意義があるかどうかはおいおい考えたらよかろう。

1d31b04c0773492ba75b2758a2afb9db_1_105_c Db134d5c230748a2861679f79113f6c8_1_105_c

(左 弁天山  右 立江寺にて)

次に勝浦町の鶴林寺へ。標高差450mほどの登りとなる。昨日の焼山寺ほどではないとはいえ、急坂に喘ぎ、自転車を引き摺りながらとなり、おまけに途中から雨模様になってきた。幸い、お参りして下り切るまではポツリポツリ程度だった。下り切あんると本降りになったので雨宿りしつつ、21番太龍寺は明日とすることにして平等寺に向かった。宿が平等寺の隣なのである。

 A571f7e0c202414d9ba390a9918b00a5_1_105_cBefd311198234bb2b0313c903055b605_1_105_c44a258753b884101babc2ca489ea6845_1_105_c03fbeececf5f4988ab024c597a1fce9a_1_105_c

(左 鶴林寺への坂  左から2枚目 鶴林寺へのお遍路道 車道と交差していた 右から2枚目 鶴林寺  鶴が左右で守護している 右 本降りだったので雨宿り。こうした休憩所が至る所にあってありがたい)

平等寺をお参りしてから宿へ。ずいぶん広い部屋を1人で使わせてもらった。昨日は私一人だったが、この日は同宿があり、歩き遍路の方だった。宿の方から太龍寺は自転車でも行けるとのことだった。五万図が破線だったので諦めていたのだが、そういうことなら明日、自転車で登らねば!

8bc6e1ddb73b4288bd29b29b117202c1_1_105_c 90071f8a534a4990b95f834aca832eae_1_105_c 33474d7943e44058a0960326f28f71cf_1_105_c

(左 途中で食べた蒸しパン。蒸しパン、腹持ちもいいし、うまい  中 平等寺  右 宿 山茶花)

毎日 食事がうまい。お昼ご飯は饅頭や蒸しパンで済ませているがそれもうまい。お参りより食べ物のことを考えているような気がしないではない。でも三蔵法師も腹へった腹へったと孫悟空に度々こぼしていたんだし、私ごときの食い意地に神仏も目くじらはたてないであろう。

« 四国お遍路サイクリング阿波編3日目 12月18日 12(焼山寺)-17番 神山町 徳島市 | トップページ | 金時山 今年はまずまず順調な1年でした »

四国」カテゴリの記事

お遍路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 四国お遍路サイクリング阿波編3日目 12月18日 12(焼山寺)-17番 神山町 徳島市 | トップページ | 金時山 今年はまずまず順調な1年でした »