« 四国お遍路サイクリング5日目 12/20 21番、23番那賀町から東洋町 阿波終了&今年の活動 | トップページ | 四国お遍路サイクリング 7日目 12/22 土佐 室戸編 27-28番 土佐山田まで »

2024/01/03

四国お遍路サイクリング 6日目 土佐 室戸編 12月21日 24−26番 室戸市から安田町

宿からちょっと走るともう高知県。土佐編になった。まず目指すは室戸岬の最御崎寺。

天気はいいが、北西の風が強い予報なので室戸岬から先は覚悟する必要がある。

Bb77b8b7636246fda01fd7a38f2793f5_1_105_c C042fdaa80a64ea3bf71845aea797ac8_1_105_c 31a4831189724cedb2bc7823fdd90f53_1_105_c

(左 朝 宿近くで   中 空海が修行したという洞窟  右 室戸岬過ぎたら途端に向かい風が強くなった。自転車乗りの修行である)

全くもって予想通り岬から強風が吹きつけてきてしんどいけど、まずは最御崎寺へ。土佐最初の札所。日和佐から80kmくらいだ。高知は足摺岬にも札所があり、窪川の札所から相当距離があり、その次は宿毛なのである。徳島が「発心の道場」で高知が「修業の道場」というのもうなづける。歩き遍路にはまさに修業だ。逆に自転車の場合それぞれ1日以内で移動できるので、自転車で遍路する相対的意義があるのが土佐編とも言えそうだ。室戸岬周辺は空海が修行したという洞窟や海辺の岩があり、遍路しながらその地に立つと感慨深いものがある。

2bdedefc2dfc48409fdf46bdfea68915_1_105_c B839bf4ceb7145d691e465d652e511cd_1_105_c 20302f42824c4652b64202dc8eef6903_1_105_c

(左 最御崎寺  中 津照寺にあった鯨の慰霊碑 右 金剛頂寺への遍路道 自転車を置いて歩いた)

徳島ではあまり見かけなかったけど、ここらは国道を移動するしかないので歩き遍路さんをよく見かけた。追い越すことになるので挨拶をしてから通り越していくが、やはり中高年が多い。外国人も見かけた。世界遺産の熊野古道も外国人が多いようで、もし四国のお遍路さんが世界遺産になったらどうなるだろうか。

65f3a19e596842f49b04a08217bd8c79_1_105_c D3049706b69e4bf59ba5b31f9dc587ac_1_105_c 511bd8debb7d4fd894e79828030ccacf_1_105_c

(左  空海が修行したという海辺  中 修業の合間にお寿司とみかんサンド 間食や昼食は道の駅かスーパーなどで済ませた。トイレは結構あるのでコンビニを借りる必要はなかった  右 趣ある古い街並み)

26番金剛頂寺から25kmくらいかな?唐浜駅近くの宿に到着、明日はお遍路サイクリング最終日である。どこの宿も暖房付けっ放しでよく眠れた。

« 四国お遍路サイクリング5日目 12/20 21番、23番那賀町から東洋町 阿波終了&今年の活動 | トップページ | 四国お遍路サイクリング 7日目 12/22 土佐 室戸編 27-28番 土佐山田まで »

四国」カテゴリの記事

お遍路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 四国お遍路サイクリング5日目 12/20 21番、23番那賀町から東洋町 阿波終了&今年の活動 | トップページ | 四国お遍路サイクリング 7日目 12/22 土佐 室戸編 27-28番 土佐山田まで »