« 三浦海岸の河津桜はそろそろ | トップページ | 四国へ »

2024/02/18

三つ峠山(歩き) と 関係ない雑感

土曜日、快晴で三ツ峠山から富士山を眺めてから、来週はいざ四国へ!と目論んでいたが起きると曇り予報となっていた。高気圧の谷になってしまうらしい。冬型の気圧配置ではなくなっているということか。富士山見えないとあまり取り柄がないし、河口湖は旧正月のためごった返しているかなとも思ったし、やめて自転車にしようかとも思ったけど、八王子から河口湖の特急券を購入していたので予定通り行くことにした。

河口湖からバスで三つ峠登山口まで行くとそこから軽アイゼンが必要で、曇ってたけど雪道の登りもそれはそれで楽しかった。登山者も山頂以外は少なかったし、道中の霧氷もなかなか綺麗だった。

三ツ峠山は以前山サイで白滝林道、三ツ峠山、府戸尾根を巡った時以来だった。今日は下りで白滝林道を通った。ダートの登りは引いて歩いたのを思い出した。横切る西山新倉林道はそれより前にどんべえ峠と絡めて行ったことがあった。そんなこんな自転車での思い出も蘇ってきた。今では西山新倉林道とどんべえ峠を日帰りでやっつけるなんてできないけど。

10時半に登山口から歩いて12時20分に三つ峠頂上、2時半に麓の河口局前バス停に降りた。帰りの富士急も外国人客ばかりだった。

347c311de723421d8ab86afa82fc6e6b B2b7237234db4857ae947938116c848b 1f48c911f3b24732ae7ea7943a4e42c3

(いずれも三ツ峠山にて。右は「母の白滝」)

山歩きと関係ないが、

雑感1 下旬。往路の新幹線と前泊後泊の宿、湯治宿の予約をしているが、予報は長雨・・・。変更したくなったが、3月初旬の検査を考えるとやはりもう行くしかない😅 それに、検査無事通過したらその後の自転車の予定も考えてあるし。雨降りだと旅程は遅くなると思うが、それも楽しみとしよう。

今度から88霊場だけでなく、番外20霊場も加えることにした。合わせると煩悩がなくなるらしい(笑)若い時よりも煩悩なくなってきたが、完全に無くなるわけもなし、108霊場完遂しても煩悩が跡形もなく消え去ることもないだろうけど、くだらぬことにとらわれないように努力はしたい😅12月の阿波編では番外霊場に行かなかったので、とりあえず88霊場で一区切りとして、番外霊場阿波編については改めて通常のツーリングがてら行けばいいと思う。

雑感2 くらたまさんの旦那さん、かねて膵臓癌だったところ亡くなったというニュースに接しました。もちろん面識などないけど、お悔やみ申し上げます。

このニュースでの読者コメントで気になったのは、抗がん剤治療を受けずに亡くなったことに肯定的な内容が多かったことです。

もちろん本人の希望は尊重すべきですが、このかたはステージ3で見つかったとのこと。となると少なくとも当初は明確な転移はなく、抗がん剤でがんを小さくして手術で取り除くという道筋を目指すのが標準であるということになります。

術後再発するケースが多いので、本人は抗がん剤を拒否されたとのこと。主治医が慎重(むやみに治癒すると言わない医者の方が多いでしょう)に説明し過ぎたのか?本人の思い込みが強かったのか理解が浅かったのか?その時点では体力が十分あって抗がん剤に耐えうる状態だったと拝察されますが。。。体は多少きついでしょうが、ニュースで拝見する限りの仕事内容ならこなせるでしょうし。高額な免疫治療は受けていたようなので本音は死ぬのが怖かったはず。

手術と抗がん剤を経験した立場(私はステージ2Bですが現在の標準は術前の抗がん剤投与後の手術です。私はいきなり手術でしたが病名の確定診断がつかなかったためでしょう)から見ると、現実を直視して抗がん剤治療に挑むべきだったと言わざるを得ません。ステージ3のケースで再発せず(手術の後遺症は多少ありながらも)元気に過ごしている方も少なからずあります。

著名人の発信は影響力があるので、それに対する疑問点を書いておこうと思いました。誰でも生きているだけで価値があるし、楽しいこともあります。このブログを読んでくれた方が不幸にしてがんと診断されたら、まず正確に状況を把握して、覚悟を決めて治す努力をしてほしいと思います。

« 三浦海岸の河津桜はそろそろ | トップページ | 四国へ »

がん手術後の300名山歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 三浦海岸の河津桜はそろそろ | トップページ | 四国へ »