« 北海道サイクリング 大十勝編 6/10  鵡川から浦河 | トップページ | 北海道サイクリング 大十勝編 6/12 大樹町から中札内 »

2024/06/28

北海道サイクリング大十勝編  6/11 浦河から大樹町へ

今回、十勝をできるだけくまなく回りたいとだいぶ前から決めていた。アプローチはどうしようかと。。。未走の天馬街道を絡めたいと思い、日高からのアプローチを決めた。日高の内陸も課題だが、やりすぎると焦点がボケるのでまたの機会として、オーソドックスに国道を走った。今日も国道が中心となるが、ちょこっと寄り道もしよう。

泊まったホテルは洗濯機がなかった。ホテル前にコインランドリーがあるが洗剤乾燥も含めて全自動だったので、(中性洗剤推奨の)着ているウエアには使いづらい)。身に着けるものだけ適当に洗って朝4時からドライヤーで乾かした。そのために起きたわけではないが、4時には明るくて目が覚めていたのだ。

買っておいたパンなどで朝食として7時半出発。

道道1025号で緩い峠越え、優駿桜ロードで天馬街道に合流した。セラーズというコンビニがあったのでおにぎりを買った。時々思うが、地場のコンビニはエロ本が多い。セイコーマートは置いてないと思う。セコマは地場コンビニというより北海道では全国区コンビニで、生活、そしてサイクリストには旅のインフラである。

78b834b4b08e4978a90548103592f07e_1_105_c 6400f2dd5f6a4e76ad54df50f5a375eb_1_105_c E57a3249de8d4d06860a37cd757c8e8f_1_105_c 211cf0108eee43f581fdcc389dc7768c_1_105_c

(左 宿泊したホテル前にて  今日は馬を見ながら走れた  右から2番目 わかりにくいけど鹿の集団が中洲あたりを走り回っていた)

日高側はどんよりした空模様だった。十勝側の予報は良好なので、野塚トンネルの向こうは期待できそうだ。

緩やかに標高を稼いでいくとなんだか蒸し暑くて疲れてしまって、トンネル前で前日買ったどら焼きなど食べたり大休止。

48f8c6de03da49419771350a337cc6e0_1_105_c 4deecf66d6fe4a7885b24618be9df753_1_105_c C1decc150a814fb2b3d96de6ccea4bf5_1_105_c

(左 野塚トンネル  長いトンネルの真ん中あたりで作業中だった。お疲れ様です。  右  十勝がわは予報通り青空だった)

10時半過ぎにトンネルを通過して広尾に降りていった。降りていくと南十勝の伸びやかな風景が待っていた。

9f431c1132d241719b2cacc22e842de0_1_105_c 09c9a97ea41945709a6cb174626336bc_1_105_c 852ebf6f982d4f21b078554a0ad6cf4e_1_105_c 9e68957a1c4c45edb5dcf2ea4c69c20e_1_105_c

(いずれも広尾町または大樹町にて)

大樹町の道の駅近くのサイクルストアならぬパティシエナオヤヒロセにてワッフルなど購入して盛大におやつとした。

半田ファームでお土産を買って送ろうかなと考えていたけど休みだった。本業があるわけで、商業対応がどうしても土日中心になるのは仕方ないところだ。

952c130756ea4cb2aad5bb04db08f3d2_1_105_c

(おやつ購入 クッキーはさすがにその場で食べずに翌日の補給とした)

海沿いに出て適当に営農道など辿りながら大樹航空宇宙実験場に向かって今回は見学させてもらった。大樹町は移住者が増えているとのことで、案内してくれた女性は神奈川県(県央)から移住してきたとのことだった。

D5767400a2ed47fb979e95e892bba2d6_1_105_c E3cdbd25af00492dada28ca34683114a_1_105_c

(大樹町 航空宇宙実験場)

5年ぶりとなるセキレイ館には3時半には到着した。ブレーキから異音がするので見るとなんと!前輪のブレーキシュー片側が脱落していた。ブレーキシューが引っかかる小さなネジが取れていて、それだけでシューが脱落するわけではないが、何かのきっかけ(考えられるのは輪行時かな)でシューが脱落した(または脱落寸前となって途中で脱落した)ようだ。リムが少々傷ついていた。道中、異音がするとは思ったけど、気づかないのもどうかしている。

シューの予備はあるし、小さいネジも予備として持っていた。いつもはブレーキシューだけ交換していたけど、曲がっていたので、横着せずちゃんと取り付けることにした。それでも5時の晩成温泉送迎には間に合ったし、洗濯もできた。

3cbc08f19585438ab3164ed9ce66878b_1_105_c Aef5aaa21b4a428d9e2269fdfe8b8188_1_105_c 73fdb3140fa4456dbf84b3dae7ccc491_1_105_c

(セキレイ館とセキレイ館前からの景色。宇宙センターも見える)

宿の猫は代替わりして、といっても前の猫は年取っていて姿を見た記憶はなかったが、今の猫はヤンチャで膝にものっかってきた。宿主さんは療養しつつという話だったが健在だった。他3人のお客さんはバイクで、山口から来たライダーにういろう(名古屋に知名度では劣るが名物らしい。味も確かだった)をいただいたので翌日の補給とさせてもらった。

旅程:浦河から広尾  道道1025 国道236 石坂紋別線など  大樹町 国道236 道道55 営農道など 90-95km

天候:曇りのち晴れ

« 北海道サイクリング 大十勝編 6/10  鵡川から浦河 | トップページ | 北海道サイクリング 大十勝編 6/12 大樹町から中札内 »

北海道」カテゴリの記事

コメント

おかえりなさい!18歳から27歳まで札幌に住んでいましたが、日高は山登りばっかりでした。野塚トンネルも初めて知りました。また、晩成温泉も初めて知りました。
いずれも魅力的ですね。改めて、自転車で放浪したくなりました。

zenさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
日高の山登りとはさすが猛者ですね。日高の山々に憧れはありますが、私の技量、体力だとガイドツアーに参加する形態になることでしょう。
えりも岬をカットする天馬街道は開通して30年も経ってないので、住んでおられた頃はなかったでしょう。また、北海道は個性的な温泉が多いので、放浪しがいがあることでしょう。私は二週間だけなのにだいぶ疲労が出てしまいました😅でもまた来年(になるかな)二週間ほどサイクリングしたいと思います。

としさん、旅行の記録を興味深く読んでいます。札幌在住時には気が付かなかった楽しみ方が満載です。霧の中を走るのはドキドキしそうです。ユースホステルに泊まるのも新鮮ですね。私も行きたくなりました。

zen さん、こんにちは。拙い記録を読んでいただきありがとうございます。
機会を作ってぜひ北海道にツーリングに行ってみてください。ユースホステルは昔より激減してエルダーホステルと化してますが。あと全国的に言えますが高齢化後継者難コロナ禍で旅館も減っていますね。
キャンプはやったことなくてわからないのと、北海道の未舗装路というか林道は行ってません。
外国人サイクリストが目立ちますが、海沿いは一周目的か放浪かわかりませんがサイクリストとすれ違うことはありますね。
夏の連休などはまた違う様相かもしれません。
出先ですが戻ったらダブったコメントはひとつ削除しておきますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 北海道サイクリング 大十勝編 6/10  鵡川から浦河 | トップページ | 北海道サイクリング 大十勝編 6/12 大樹町から中札内 »

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31