« 北海道サイクリング 大十勝編 6/15 十勝牧場展望台と気が変わって士幌高原 | トップページ | 北海道サイクリング 大十勝編 6/16 霧雨にて北十勝うろうろ »

2024/07/09

四阿山、谷川岳、日光白根山(山歩き)

予報で金曜日の天気が良さそうだったので、足慣らしに四阿山へ、のつもりが土曜、日曜もなんとかなりそうということで、延長して山歩きに。

金曜日の朝、自宅から横須賀線、新幹線を乗り継いで上田駅へ。駅レンタカーにて菅平まで。ダボスゲレンデのあたりに登山口がある。スキーで来たことはないけど、学生の夏合宿で来たことがあって、それまでの越後や房総の合宿と比べると暑さは凌ぎやすかったこと、ダボスゲレンデを駆け上がるダッシュがきつかったのを覚えている。

サイクリングでは一度通過したことがあったかなと見返してみると14年前の8月だった。今は盛夏にサイクリングに遠出しないけれど、元気だったんだなーと思う。

四阿山へは根子岳との周回。金曜日だが予報が良かったので登山者は結構いたし、遠足の子供達もいた。同じ学校(だと思う)で何班かに分かれて登山していた。

9:50登山口で3時過ぎに戻ってきた。根子岳から見た四阿山、四阿山から見た根子岳、それぞれ美しくたおやかな山だった。それにしても暑かった。ボトルのポカリスエット、ペットボトルの麦茶、水1リットル合計2.5リットル消費した。この日は上田でも35度くらいだったようだ。山中はもちろんそんなことはないけど、熱中症気味でフラフラしている登山者もいた。

4a6552603b2d40f189def44aefc1cdb7_1_105_c Ede99c069418413283dc247a7674d8c0_1_105_c 17bf2d7ffdf442c6ab29b4ff0949d7aa_1_105_c 8f7574d87fe84fe6bbf467fdd8d0a6ed_1_105_c

(いずれも四阿山にて)

レンタカーは上田で返却。高崎に移動して宿泊。土曜日は在来線とバスで谷川岳へ。土曜日の予報は当初悪かったので、ロープウエイからの往復だし「雨練としよう!」と割り切って臨んだが、登山中は雨は降らず、見晴らしも良かった。前日の四阿山よりは凌ぎやすく、山頂にしばらくいると寒くなってきたくらいだった。

前日の四阿山もそうだったが、ウスユキソウなど高山植物も色々と咲いていた。

十年前くらいにきた時は帰りは西黒尾根を降りたが今回はノーマルに?ロープウエイに戻った。その日の予約とレンタカーも取れたので(山頂からスマホが通じた)、延長して日光白根山に行くことにした。こちらもロープウエー登山である。

バスと新幹線で高崎に戻ってレンタカーを借りた。

6ef75b1d86fb43ffb0b1fa968e15f69f_1_105_c 5c2a7621a1ab492689558e2db7aaaf02_1_105_c 7bf605b44e5a4a4d8322b13d2062daf9_1_105_c Caf0ad749aa343f98856a743e032e3bb_1_105_c

(いずれも谷川岳にて)

日曜日。ホテルの朝食はパスして5時半出発。白根山へのロープウエイに7時半前に到着。日曜日で予報も好転したためか、登山者が多かった。メジャーな山は平日にしたかったけど、天気予報の巡り合わせでこうなった。じゃあ、マイナーな200,300名山がいいじゃないかという話なのだが、リサーチ不足だったり心づもり不足なのである。相対的にマイナーな山は事前にしっかり調べて主な日程に組み込む必要があるのだ(とりあえず私の場合)。白根山には申し訳ないが、天気が好転して、足も確保できたし、近いから登ることにしたのである。ここ2日間も悪くなかったが、今日は見晴らしもさらに期待できる。

山頂駅(山頂ではないけど駅名がそうなっている)に到着。しばらくは樹林帯を行くが、やがて森林限界を越え、ざれた斜面を山頂へ向かった。

山頂からの眺めはいうに及ばず、少し離れたところから望む五色沼のエメラルドグリーンも素晴らしく、1時間くらい眺めたり食事したりゆっくりした。

B5405f9d532e4443b59f48842879ec02_1_105_c Eaa30f88bbac436c8a8d2a0512b93fae_1_105_c 064c1c5d0e93417f97303e3a943db678_1_105_c C2a0bc6038b24725b0323ab0305fb1f9_1_105_c

(いずれも日光白根山にて)

ロープウエーの温泉施設でひと風呂浴びてから高崎に戻った。駅前の温度計は40度を指していた。

この日は七夕なのに東京都知事選の影響で大河ドラマ(今回の「光る君へ」は七夕のような巡り合わせが描かれるはずだったが)がないので、高崎から上野東京ライン小田原行きでのんびり帰った。どうせ8時過ぎに当確打つくせに大河ドラマを飛ばすこともなかろうにと思いつつ、3時間の旅だったので持ってきた本は読み終わった。

1日ごとの行程はきついとはいえないけど3日歩いたので翌日疲れが残った。結果的に天気に恵まれて充実した3日間となった。

« 北海道サイクリング 大十勝編 6/15 十勝牧場展望台と気が変わって士幌高原 | トップページ | 北海道サイクリング 大十勝編 6/16 霧雨にて北十勝うろうろ »

がん手術後の300名山歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 北海道サイクリング 大十勝編 6/15 十勝牧場展望台と気が変わって士幌高原 | トップページ | 北海道サイクリング 大十勝編 6/16 霧雨にて北十勝うろうろ »

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31